不動産の物件情報を収集して、価格や立地、間取り、広さなどの条件で取捨選択をし、購入する候補をある程度まで絞り込むことは、インターネットや物件情報誌だけでも可能です。

しかし、実際にどの物件を購入するのか決めるためには、自分の目で現地を確認してみないことには何も始まりません。

そこで今回は、新築一戸建て物件(主に建売住宅)の見学をする際に気を付けたいポイントなどについてまとめましたので参考にして下さい。


相手のペースに乗せられないこと

新築工事現場

一度にたくさんの現場を見過ぎると混乱をすることになりかねない

まず初めに、物件の見学をするときの不動産業者との関係について考えてみることにしましょう。

自分から「見せてもらいたい」と連絡をした相手がその物件の売主業者の場合であれば、基本的にその物件だけを見学することになるケースが大半です。

同じ現場内の異なる棟をいくつか見学することはあるでしょうが、違う現場の数か所に連れて行かれることはそれほどありません。モデルハウスの開設や、現地売り出しを実施しているところに、事前予約なしで訪れる場合も同様です。

そのぶんゆっくりと時間をかけて、自分のペースで見学をすることが可能です。その反面、来場者の多い現場などでは他の購入希望者と重なり、販売担当者からの説明を十分に聞けなかったり気になる部分を確認できなかったりする場合もあるでしょう。

一方、見学予約の連絡をした相手先が媒介業者の場合には、見たいと思った物件だけでなく、他の似たような物件をいくつも見せられることのほうが多いでしょう。

ときには、自分から希望をしていないのにも関わらず、「比較のため」といって中古一戸建て住宅や中古マンションを取り交ぜながら、いくつもの物件を見せられることもあります。

複数の異なる現場を見ることで、一日のうちにまったく違う構造やコンセプトで造られた物件を比較することもできて効率的な反面、見せられる数が多過ぎるとどれがどの物件だったのか分からなくなることも起こりがちです。

もちろん人によって異なりますが、いっぺんに見てそれぞれの違いをしっかりと意識できるのはせいぜい3~5物件程度でしょう。それ以上をまとめて見ると記憶が混乱したり、疲れから判断力や注意力が鈍ってきたりします。

実はこの「冷静な判断力を失わせること」を意図的に狙う媒介業者もあるわけですが……。

いっぺんに見せられた物件の数が多いときほど、冷静になることを心掛けるのと同時に、その場で結論を出したり業者に対して購入の言質を与えたりしないことが大切です。

とくに購入を急ぐ特別な事情がないかぎり、見学をしてじっくり検討、また見学をしてじっくり検討、といった作業を繰り返して構いません。日を改めて見学することを重ねていくうちに、どこをどう見るのかといった自分たちのトレーニングにもなるでしょう。

ただし、あまりにも慎重になり過ぎると、どんなにたくさんの物件をみても決断ができず、いつまでも買えない状態に陥りかねませんので、ほどほどのバランスを保つことも必要です。


物件の現地へは電車、バス、徒歩で

最近はだいぶ少なくなってきたようですが、いつもどんなときでも必ず車で現れるような家族がいらっしゃいます。

ご主人は「常に車だから」とか「車がちゃんと入るかチェックしたい」とか、いろいろと理由はあるでしょうが、物件の見学の際にはできるかぎり最寄り駅まで電車で行き、バスや徒歩で現地へ向かっていただきたいものです。

家族全員が常に車で移動して誰も電車には乗らない、というケースはほとんどないでしょう。普段の買い物や通勤通学などで、家族のうち誰かは最寄り駅まで歩いたり電車に乗ったりすることが多いはずです。

電車の様子がどうなのか、駅前の雰囲気や利便性はどうなのか、駅からの徒歩時間が実際にどれくらいなのか、途中に危険個所や子どもに悪影響を及ぼすような施設がないのかなど、物件選択の一要素としてしっかりと観察をするべきです。

物件自体がどんなに良くても、その街に気に入らない要素があれば、落ち着いて暮らすことはできないでしょう。

車庫への入れやすさのチェックや、車での順路の確認は、購入候補物件を絞り込んでからでも遅くありません。

最寄り駅から物件までの道のりを歩いてみることも「購入候補物件を絞り込んでからでいいじゃないか」と考える人もいるでしょうが、住む街についての要素はもっと優先順位を上げて考えるべきです。

もちろん、購入候補物件を絞り込んだ段階では物件の現地から最寄り駅までの道のりだけではなく、スーパーや病院までの道路、子どもの通学路、日常の生活圏の道路や環境などについても、しっかり歩いて自分の目で(子どもの目線も意識しながら)確かめてみるべきです。

なお、媒介業者の車に乗せられていくつも物件を見て回ったときに、もし購入候補にすることができそうな物件があれば、最後にその物件の前に戻って降ろしてもらい、物件現地から最寄り駅まで歩いてみるようにしましょう。

「お客様を会社にお連れして戻るのが決まりですから」となかなか承諾をしない担当者もいるでしょうが、それは上司を交えて購入の決断を迫るための手段でしかありません。


建築中の注意点や敷地周辺のチェック…次ページへ