ナカメに迎合するシンガポール料理店

「マレー風ブラックカレー」

深く濃厚な味わいが印象的な「マレー風ブラックカレー」

料理によっては、個人的にはもう少しワイルドさというのか、ドカンとパワフルな味わいがあってもいいかなあ……とか、量がもう少しあったらなあ、と思う料理もあるけれど、シンガポール料理の基本をしっかりと押さえ、提供方法などが店の雰囲気と合致し、安心感が得られるところは、やはりこの店の強みだといえるだろう。

渋谷にあるタイとベトナム料理の店からはじまった同グループは、2008年の「五星鶏飯(ファイブスターカフェ)」オープン以来、徐々に人気を博し、六本木にあった(以前はシンガポール料理店ではなかった)店も、「五星鶏飯(ファイブスターカフェ)」の功績により、「カフェ・シンガプーラ」としてシンガポール料理専門店に。2011年にはビストロもオープンし、同グループの勢いはとまらない。今後の動向が気になるグループのひとつである。

話題店がオープンしてはあっという間に姿を消し、料理店の入れ替わりがとにかく早く、何となく落ち着かないナカメだけれど、駅から少し離れたり、一本路地に入ると、昔ながらの風情がひょっこりと顔を覗かせ、魅力あふれる街であることは確か。

「五星鶏飯(ファイブスターカフェ)」を訪れると、妙に落ち着く感じがするのは、シンガポールが新旧無理なく混在したナカメという街と相通ずるところがあるからではないだろうか……。ココを訪れるたび、いつもこんなことを思うワタシである。

シンガポール料理「五星鶏飯(Five Star Cafe)」

所在地:東京都目黒区上目黒3-12-4 1F
TEL:03-3760-7028
地図:Yahoo!地図情報

オフィシャルHP:シンガポール料理「五星鶏飯(Five Star Cafe)」

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※メニューや料金などのデータは、取材時または記事公開時点での内容です。