チリソースやサンバルなどの調味料も手作り

左から時計回りに「クレイポットライス(鶏肉と腸詰のごはん)」、「ペーパー・チキン」、「サンバル・カンコン(空芯菜のサンバル炒め)」、「キャロットケーキ(大根餅の卵炒め)」

左から時計回りに「クレイポットライス(鶏肉と腸詰のごはん)」、「ペーパー・チキン」、「サンバル・カンコン(空芯菜のサンバル炒め)」、「キャロットケーキ(大根餅の卵炒め)」

料理は、シンガポール料理といったらやっぱりコレでしょう!と思われるものをひと通り揃え、チリソースやサンバルといった調味料にまで手作りにこだわる。

持ち帰りもできる黒ラー油においては、中国の黒醤油や干しエビなどが贅沢なまでに使われ、濃厚な旨みが。ワタシはあまりのおいしさに、おもわず購入してしまったのだが、自宅で使ってみると、これが思っていたよりも汎用性のある調味料であることに、びっくり。お値段はそこそこするのだけれど、我ながらいい買い物をしたなあ、なんて自己満足してしまったほどである。

これだけとっても、そのこだわりようはかなりのものとお見受けした「五星鶏飯(ファイブスターカフェ)」だが、料理は旅好きであり料理好きでもある日本人オーナーが、アジアのさまざまな国を食べ歩き、独自のレシピを考案。細部にわたりセンスのある視点で日本の風土にあった、日本人の味覚にあった、シンガポール料理を気軽に楽しめるよう提供する。