登山電車などの実費は現地で追加となるか?

スイス登山電車のイメージ

登山電車の車窓に広がる絶景も楽しみ

自由行動の最中に山の展望台に連れていってもらう場合、登山電車やロープウェイの実費が現地でかかります。中には天候や参加者の体調に応じて、現地での行動を臨機応変に変え、登山電車の料金は全て現地で別途となるツアーもあります。

「現地で追加料金?」とどうしてもマイナスのイメージになりますが、ガイドはむしろこの方が本当に旅行者のためを考えていると思います。

実質、同じ展望台に上がるなら、ツアー代金にあらかじめ組み込まれているか、または現地で払うかだけの違い。予定に組み込まれていれば、たとえ雨が降って何も見えなくても、旅程をこなさなければなりません。むしろなるべく予定に組み込まず、その実費を現地で払えば融通が効く分、より満足度の高い内容になるはずです。

 

ハイキングのレベル

スイスアルプスハイキングのイメージ

自分のペースで楽しむスイスのハイキング

スイスでハイキングを組み込むツアーも、すっかり定着してきました。同じハイキングと言っても、お散歩の延長程度のものから、山小屋を何日も泊まり歩く本格的なトレッキングまで、そのレベルはいろいろ。

最近のツアーのパンフレットでは、ハイキングの難易度をマークで表したり、具体的な歩行時間を記載したり、各社いろいろ判りやすい工夫を凝らしています。

「普段あまり歩き慣れていないので、他のメンバーについていけるか心配……」という人も多いよう。スイスは山岳交通機関が発達しているので、「これ以上無理」というときには、ハイキングコースの途中から登山電車など乗り物に切り替えることができる場合もあります。

具体的にどの程度のコースを歩くのか、ツアーのパンフレットや旅行説明会などでしっかり確認しましょう。

 

ホテルの部屋からの眺め

スイスのホテルイメージ

ハワイがオーシャンビューなら、スイスはマウンテンビュー

ツアーの中には、ホテルの部屋からの眺めをセールスポイントにしているものも増えてきました。どちらが……と考えれば、やはり窓から山が見える部屋というのは気分が良いもの。写真が好きな人は、名峰が朝焼けに輝く瞬間を、室内からシャッターに収めることも可能です。

実は山側の部屋の確保は、旅行会社にとってけっこう大変。スイスの山岳地帯はもともと大規模なホテルが少ない上、条件の良い部屋は毎年滞在する常連のお客様に、優先的に回したいというホテル側の事情もあります。

いろいろな困難を乗り越えてようやく「山側の客室をご用意」というツアーが実現しているので、これも見逃せないチェックポイントと言えるでしょう。