トップスターの退団公演——サヨナラ公演。それは、一時代を築いたトップスターの集大成を見せる公演です。

公演期間は通常の本公演と同じく、宝塚、東京共、各一ヶ月間。長いようで、でも始まってしまえば短く感じるひと月で、宝塚歌劇の舞台人としてこれまで培ってきた実力のすべて、魅力のすべてをファンに見せます。

公演の内容は、トップスターの退団を意識したものとなります。
芝居は、“ラストシーンは一人去って行く”といったストーリーが多く、ショーでも歌詞や振りに惜別の想いが込められており、それが更に観客の涙を誘います。
 

現在、宝塚大劇場では、ゆうさんこと花組トップスター・真飛 聖さんのサヨナラ公演中。
サンタモニカを去ってゆくフレディーが話す台詞は、宝塚歌劇団を去ってゆく真飛 聖の言葉そのもの。
ショーでも、真飛さんが組子の顔を見渡す振りや、黒燕尾の男役さんたちが大階段に作る「Y」の形に胸が熱くなります。

ストーリーや演出、歌詞や振りや台詞には、「宝塚の偉大なトップスターの最後の花道を、最高に美しく飾ってあげよう」といった演出家らスタッフの愛を感じます。

また、いっしょ出演している組子たちの「私たちのトップさんのためにいい舞台を」「このトップさんの元、舞台に立てるのはこれが最後なんだ…」……そんな想いや緊張感が伝わってきます。
 

では近年の歴代トップスターのサヨナラ公演をご紹介しましょう。

芸名 退団年 退団作品
安奈淳 1978年 『風と共に去りぬ—スカーレット編—』
鳳蘭 1979年 『白夜わが愛』
汀 夏子 1980年 『去りゆきし君がために』
松あきら 1982年 『夜明けの序曲』
順みつき 1983年 『霧深きエルベのほとり』『オペラ・トロピカル』
瀬戸内美八 1983年 『オルフェウスの窓~イザーク編』
麻実れい 1985年 『花夢幻』『はばたけ黄金の翼よ』
大地真央 1985年 『二都物語』『ヒート・ウエーブ』
峰さを理 1987年 『別離の肖像』
高汐 巴 1987年 『あの日薔薇一輪』『ザ・レビュースコープ』
平みち 1988年 『たまゆらの記』『ダイナモ!』
剣 幸 1990年 『川霧の橋』『ル・ポァゾン 愛の媚薬』
大浦みずき 1991年 『ヴェネチアの紋章』『ジャンクション24』
日向薫 1992年 『紫禁城の落日』
杜けあき 1993年 『忠臣蔵-花に散り雪に降り-』