すでにウェディングドレスが決まった人も、決まっていない人もチェックしたい、2011年のウェディングドレス・トレンドをガイド目線でお届けします。
 

軽やかマテリアル

ホワイトドア・マーメイド

ティアードオーガンジーのマーメイドスタイル。【写真協力:WHITE DOOR】

軽やか&しなやかなマテリアルのドレスが旬の予感!薄地で透けるオーガンジー、柔らかさが際立つシフォン、しなやかなジョーゼットクレープなど、今年は特に女性らしいマテリアルに注目です。

ドレスのイメージに大きな影響を与えるマテリアル。シアーな素材感はそれだけでロマンティックな雰囲気に。さらに女性らしいボディラインにみせてくれる効果も期待大。マテリアルの質感そのままの優しく、しなやかなイメージを表現できます。これからのドレス選びはデザインやシルエットだけでなく、マテリアルにも注目してみて!

ショートレングス

ベリースタジオ・ショートレングス

ショートレングス「イヴミオラ」。【写真協力:BERRYSTUDIO】

ここ数年、密かな人気を誇っているショートレングスのウェディングドレス。その背景の1つは結婚式スタイルの多様化でしょう。リゾート婚やレストランウェディングなどの増加により、おしゃれでカジュアルな雰囲気で、しかも花嫁気分をちゃんと味わえるショートレングスのウェディングドレスに注目が集まっています。また最近は二次会にも手を抜かない花嫁が増加中。挙式&披露宴はフルレングスを着て、二次会はショートレングスのウェディングドレスを選ぶこだわり花嫁も増えています。

フルレングスドレスに比べて、そのスカート丈だけで自分らしさをだせるのもポイント。どんなシューズを合わせるかで、ガラリと印象を変えられるのも、おしゃれ花嫁の心をくすぐります。

大人エンパイア

ホワイトドア・エンパイア

AlfredAngeloのエンパイアスタイル。【写真協力:WHITE DOOR】

ここ数年人気を博しているエンパイアライン。古代ギリシャの装いを元にしたハイウエストが特徴的なエンパイアラインは、19世紀のはじめ、ナポレオンの妻であるジョセフィーヌが愛用し人気デザインとなりました。高い位置にマークしたウエスト、その下から流れるようなAラインや、切替からストンと落ちる円筒形のシルエットが多く、脚長効果バツグン!

人気が定着してきた今年は、大人花嫁でもトライしやすい大人のためのエンパイアが旬!どうしてもキュートな印象が強くなりすぎなエンパイアですが、シンプル&シックなデザインやラインがさらに豊富になり、着こなしやすくなりました。
 

フラワーモチーフ

ベリースタジオ

可憐なフラワーモチーフにパールを重ね付け。【写真協力:BERRYSTUDIO】

不動の人気を誇るフラワーモチーフは、刺繍、コサージュ、プリントと取入れ方はさまざま。特に今年は、ノーブルなデザインの中に、唯一の華やぎとしてフラワーモチーフがあしらわれたり、デコラティブな中に、さらに目を引く大きさやカラーでフラワーモチーフが配置されているドレスが多し!いくつになっても花柄に目がない花嫁だけでなく、花柄はちょっと・・・なんて思っている花嫁もぜひ注目してみて!


またスタイリングでは、アクセサリーのコーディネートがますます重要に。普段のファッションでのアクセ使いに比べると、ノーマルな印象が強いウェディングシーンでの小物使い。でもここ数年は花嫁それぞれの個性を引き立てる小物使いが主流。パールの重ね付けや、デコラティブなビジューなど、一般アパレルでも使われるアイテムがウェディングコーディネートにも影響を与えています。アクセに凝る花嫁とは逆に、ノーアクセでコーディネートするスタイルも今年の注目。そのためには上質なマテリアル使いと、そして何よりデコルテケアに時間を掛けて!

【写真協力】
WHITE DOOR(ホワイトドア)
BERRYSTUDIO(ベリースタジオ)
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。