ポイント2:贈り物で「話題性」を提供する!

ビアタンブラー

まるで骨董品のような白い木箱に入ったビアタンブラーは職人がひとつひとつつくったもの。「本物」を愛する男子にどうぞ!

「『こんな楽しいプレゼントをもらったよ』って、友達に自慢できるものだといいですよね。話題性は大切ですから」とは、贈り物の極意の2つめのポイント。たとえば、お料理好きの女子へのプレゼントなら職人のみなさんが腕によりをかけてつくった調味料もアリ。「丹波の黒豆でつくった醤油や卵かけご飯専用の醤油など、全国の地醤油を数種類“利き醤油”として楽しむのは食卓が豊かになりますよね」と奥さんは話します。“家飲み”のときも美味しい調味料があるだけで会話が盛り上がりそう!

「男性へのプレゼントとしては、こんなものも喜ばれますよ」と奥さんが紹介してくれたのがチタン製のビアタンブラーです。2010年のAPECでは菅首相から各国の首脳陣へ贈られたもの(実話です!)というウンチクや、高い保冷効果&結露レスという機能性も、グッズ好きの男子にはグッとくるツボでは。話題性のある贈り物は、相手の印象に残りやすいというメリットもあります。

ポイント3:どんな状況でも「サプライズ」を演出する!

職人醤油

全国の地醤油は1本100ミリリットルとミニサイズ。5本セットで2000円台~。食べ比べてみるのも楽しそう!

最後は、誕生日の祝い方の基本についてのレクチャーです。「“驚き”を演出すると、誕生日がより素敵なふたりの思い出になりますよ」とは奥さん。たとえば、誕生日にプレゼントを持って待ち合わせの場所に登場するのは当たり前のこと。サプライズを演出するなら、あえて手ぶらで臨みます。「なーんだ。プレゼント、ないのか……」とガッカリしつつデートをしたのち、別れ際に「はい、どうぞ」って、さりげなくコインロッカーのカギを渡すんだそうです。もちろんロッカーにはプレゼントが入っているというわけ! キャー、今どきそんなベタなサプライズはアリですかー(笑)。

「アリです、アリ! コツは、照れずに真顔でやることでしょうね」と語る奥さんは、実際に待ち合わせの場所に先に行ってロッカーに仕込む作業を嬉々としてやってのけるタイプだそうです。素敵っ!

さらに、この方法は当日まで相手の誕生日を忘れていた場合にも応用が効くと言います。「慌てて花を買ったりしては、かえって誕生日を忘れていた事実を悟られてしまう危険性も孕んでいます。であれば、いっそそのままテーマパークに連れて行ってしまい、『ちょっとトイレに行ってくる』と中座。急いでお土産ショップに走り、プレゼントを買って出口近辺のコインロッカーに仕込みに行くんです。普段と違うデートというだけでもサプライズ・ギフトなのに、帰りがけにもうひとつダメ押しの贈り物があれば完璧でしょう?」。……うーん、ここまでしてもらったら誕生日を忘れていたことなんてフッ飛びそう!

まだある! 忘れてしまった誕生日のフォローの仕方

誕生日プレゼント

「誕生日を忘れてた!」ということを悟られないようにするのが最大のポイントです!

「テーマパークは無理でも、せめてレストランでの食事ならできるかも」という人も、サプライズを演出できるので大丈夫。レストランの予約時の電話で、またはタイミングを見てさりげなく離席したときに、デザートで誕生日を祝ってもらうようにお店の人に頼みましょう。

フルーツの乗ったお皿に「HAPPY BIRTHDAY」とチョコレートで書いてもらうもよし、ケーキに小さなキャンドルを立ててもらうもよし。たたみかけるように、「プレゼントは週末、一緒に買いに行こうね」とニッコリすればパーフェクト! 窮地に立たされても少し機転をきかせるだけで、なんなく乗り切っていかれるでしょう!


相手に喜んでもらえる今どきの誕生日の祝い方の3つのポイントは、「パーソナル」「話題性」「サプライズ」。そして、何よりも「労を惜しまないこと」のようです。いつもシャイな人ほどがんばりが報われるときでもあるので、ぜひ挑戦してみてはいかがでしょう。

【今回お話をうかがった場所】
ギフトアドバイザー

予算に合わせていくつかのギフト商品を組み合わせるコーディネーターもいるので、とにかくまずは気軽に相談を!

西武池袋本店6F「be my GIFT」
※贈り物のことならなんでも相談に乗ってもらえるスタッフのみなさんがいるので、気軽に声をかけてみてください!
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。