マカオの治安状況は?

マカオのパトカー

マカオのパトカー。車体は「ブルー」の塗装で、漢字で「警察」、欧文で「POLICIA(ポリシア)」と書かれている

ネオン煌めくマカオの夜

カジノのネオンが煌めくマカオの夜。治安はいたって安全です!

日本ではどういうわけか「カジノの街=治安が悪そう」というネガティブな印象を持たれがちなマカオ。たしかに、昔はマフィアによる抗争で治安が悪化した時期もあったそうですが、今ではそんな心配はないといえるでしょう。24時間営業のカジノがあるからこそ、繁華街の表通りは深夜でも人通りが多く、女性のひとり歩きも当たり前といったところ。路線バスやカジノのシャトルバス、タクシーも深夜時間帯でも多く運行しています。

また、時間帯を問わず市内各所で警察官が巡回しているというのも安心できるポイント。私自身、東京からマカオへ引っ越して実際に現地に暮らしていますが、マカオは東京と比べても安全な街という印象を抱いて生活をしています。

 

軽犯罪の被害にご注意を

警察の故屈

市民に対し「見知らぬ人にお金を渡さないように」と犯罪被害予防を訴える警察の告知

安全とはいっても、マカオは日本と勝手の違う海外です。殺人や強盗といった、いわゆる凶悪犯罪は極めて少なく、観光客が被害に遭う可能性も低いと思われますが、逆に、スリやひったくり、置き引きといった窃盗、さらに、偽札や偽物の商品をつかまされたりする詐欺といった軽犯罪事案の被害に遭う市民や観光客は比較的多いとも言われています。

また、マカオらしい犯罪の例として、「必ず儲かる秘密のカジノがある」と声を掛けマンションやホテルの一室へ誘い込み、逃げられない状況の中で違法なギャンブルを通じて多額の金品を巻き上げられる非合法カジノへの勧誘といったものが挙げられます。その他、いわゆる美人局(つつもたせ)やドラッグといった類の犯罪も報告されています。結論としては、命を狙われる心配はほとんどないものの、携行品や金品を狙ったり、欲望につけ込むような犯罪は身の回りで起こりうるといった状況です。

昨今、メーターを使わずに、言い値で交渉を持ちかけてくる悪質タクシーの存在が社会問題化しています。メーターを使った場合と比較して高額な運賃を請求される場合がほとんどで、そういったタクシーに乗り合わせてしまったら、トラブル回避のためにも速やかに下車するのが得策です。悪質タクシーは夜間のカジノ周辺の路上に待機していることが多いので、ホテルの前、空港、フェリーターミナル、市街地各所にあるタクシー乗り場から利用することでれば、悪質タクシーに当たる可能性は低くなるとされています。

 

交通事故にも気をつけたい

マカオの救急車

マカオの救急車。日本とほぼ同じ白地に赤い帯の塗装に漢字で「消防局救護車」、欧文で「AMBULANCIA(アンブランシア)」と書かれている

日本ほど交通マナーのよい国は他にないでしょう。マカオの交通ルールは、お世辞にも良いとはいえません。狭い道路を歩く際や交差点を横断する際など、二輪車や自動車との接触事故には特に注意が必要です。公共交通機関を利用の際も、急停車や急発進による転倒などに気をつけておきましょう。ちなみに、中国本土や香港と大きく異なる点として、信号のない横断歩道では「歩行者優先」のルールがあり、大半の自動車やバイクがルールを守っている印象で、マナーの良さが光ります。


 

マカオ旅行、その他のトラブル

平和なマカオ

平和なマカオの日常風景

昨今、ニュースでも取り上げられる反日運動について、心配な方もいらっしゃると思うので触れておきましょう。総じて、マカオ市民の日本に対する好感度も比較的高く、反日ムードはほとんど感じられないというのが現状です。しかしながら、一部の過激なメディアがセンセーショナルな見出しを掲げることもしばしばある香港や、中国大陸からの観光客が多数訪れる観光地のため、不特定多数の人が集まる場所などで度を越してハメを外した行動を取る、言動をするなどの行為は慎みたいところです。


どうやってトラブル身を守るか?>>マカオ旅行の犯罪対策
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。