ライバルとの違いは?

インパネ

個性的な涙目型のメーターパネルやスッキリしたインパネシフト、センターパネルに集中配置されるナビやエアコンのインターフェイスにより、操作性のしやすさとスッキリしたデザインを実現している。新しさと使いやすさを両立しているが、ドライバーの体型によっては、左膝辺りが狭く感じるのが気になった

ライバルとの印象の違いを記しておこう。まずはステップワゴン。新型になり走りがチグハグになってしまったホンダの売れ筋ミニバンだが、低フロアなのに重心高が高く感じられ、ロール制御も巧みとはいえない。コーナーでの安定感にはとくに注文をつけたくなる。また、視界の広さもセレナの方がやや上。ただし、あまりにも「見えすぎると」高速走行では逆に不安感も覚えてしまう。スロードライブには持ってこいだが。

ノア&ヴォクシーはマイナーチェンジで、走りに余裕が生まれている。トルクやパワー感に関してはセレナやステップワゴンと比べても遜色ないし、乗り心地も平均点以上は与えられるだろう。若干短い全長が取り回しのよさに寄与しているのが「ノアヴォク」の美点だ

優秀なアイドリングストップ機構

ラゲッジ

1列目から3列目までトップクラスの室内長を誇る。室内幅と室内高はクラストップではないが、体感上差を感じさせない。とくにサードシートはスライド機構をなくしたが、広さに関しては不満はない。一点、ヒップポジションの低さなど、シートの設計にやや課題を残しているように感じる。ただし、このクラスは簡単に跳ね上げられるなど、格納性も重視されるから現状は妥当かもしれない。サードシートは片手で簡単に折りたためる

セレナは、2-3列目中央席シートベルトが2点式にとどまり、横滑り防止機構のDVCが全車に設定されていないという安全装備に欠点を抱えるものの、装備面は後発だけに充実している。中でも「20S」以外に標準装備のアイドリングストップ機構の完成度は高い。アイドリングストップに入る際はとても静かで、周囲に騒音があると気がつかないほど。再始動性のレスポンスのよさと振動の少なさも特筆すべきレベルで、先行してきたマツダ車と比べると自然な踏力でアイドリングストップに入れるし、少し足を動かしただけで再始動してしまうこともない。

瞬間燃費計やアイドリングストップタイマーを備えるメーターも遊び心がある。しかし、一般的に視認頻度が最も高いはずの速度計がやや小さめである上に、左側にオフセットされていて少し意識して視線移動させられるのには疑問を抱いた。デザイン重視で機能が少し疎かになっている。

次ページは、居住性について