エッセーを書き始める前に知っておいて欲しいこと

エッセー

エッセーはあなたをプレゼンするチャンス

エッセー(志望調書や研究計画書ともよばれる)を書くことは、ビジネススクールに入学するために最も重要な部分といえます。あなた自身を直接ビジネススクールに理解してもらい、ビジネススクールに売りこむことができる最大の機会だからです。

ビジネスクールがエッセーを通じてあなたについて知りたいことは、ずばり2つのこと。
  1. あなたの能力と可能性
  2. あなたにとってMBAが持つ意味
です。1についてエッセーを書く前にあなたがすべきことは、自分自身の内面、経験、思考方法を理解すること。2に関しては、「ビジネススクール選び3つのステップ」を改めて見直しましょう。「3つのステップ」がしっかりできていれば、2はほとんどできていると言えるのです。

エッセーの意図をつかむ

ビジネススクールがエッセーで問うことは大きく2つあることは申しました。2つを明らかにするために、ビジネススクールは一般的に数個の設問を出します。例えば、スタンフォード大学ビジネススクールでは4つ、慶応大学では8つ程度の設問からなります。つまりは、2大テーマが細分化され設問が与えられるのです。各設問の字数は、学校によって大きく異なります。設問ごとの字数制限がある学校もありますし、全設問合計での字数制限がある学校もあります。国内MBAでは、1設問500字程度から2,000字程度まで。海外MBAでは、1設問300字から1,000字程度が多いようです。

ここで重要なことは、2大テーマに沿って各々の設問には意図があるということ。この意図を捉えないまま設問に答えると、あなたのエッセーは不十分なものになります。それでは、大きな2つの区切りにそって、一般的によく出される設問とその意図を考えていきましょう。

MBAエッセーで伝える仕事とキャリア

■具体的設問例
あなたの仕事経験について教えてください

この問題の意図は、あなたの過去の職務歴を聞きたいというよりは、あなたがしてきた仕事が社会的にインパクトのあるものであったかどうかを聞こうとしています。ビジネススクールでは、未来の経営者やリーダーを育成し、社会にいい影響を与えようと考えているので、それができるかどうかをあなたの過去の経験から探ろうとしているのです。

書かないといけないことは、あなたがどのように障害を乗り越えて成功したかのストーリー。仕事自体の成果をかいてはダメです。ガイドは多数のMBA志望者のエッセーを読んできましたが、多くの人が「どれだけすごい仕事をしたか」を書いているのです。自らが主体的にどのように関与したかを読み取ることができないものでは合格しません。あくまでも、あなたの将来キャリアを豊かにするためにビジネススクールが存在していて、仕事ではなく、あなた自身にビジネススクールは関心をもっているということを忘れないでください。

■具体的回答例
私は日本の銀行で企業融資担当をしてきました。日本は、人口減少に直面し、また資本が世界から集まらない状況になっています。経済の活性化を図るためには生産性の上昇だけが頼りです。この問題意識を元に、私はイノベーションを起こす鍵は組織形態と経営者の資質にあると考え、独自の定性モデルを構築してきました。ただ、従来日本の銀行は財務状態などの定量評価を重視していたので、こうした新しい手法が当初は会社内ではあまり受け入れられませんでした。そこで、定性判断に基づいた方法がなぜ有効であるかの論文をまとめ、会社内を説得し、現在では銀行の重要な企業融資決定モデルになっています。これを突破口に、効果的な融資を行い、力のある日本企業を活性化させることにこれまで成功してきました。