増え続ける本を整理するときに、見た目のことまで考えて本棚に並べている人はごく少数。自分なりにわかりやすく分類して、背表紙のサイズ、色、文字を様々に混在させたまま本棚に本や雑誌を並べてしまいがちです。扉がついていれば隠れて見えませんが、ほとんどの本棚はオープン。その本棚のバラバラ感が、そのまま部屋のスッキリ感を損なっていることがよくあります。
そこで、そんな本棚に並んでいる本をインテリアの一部に変身させる方法を紹介しましょう。

STEP1 背表紙の前面を揃える

奥行きの違う本を並べるときに、つい奥の方へおしつけてしまいがち。そうすると、手前にデコボコができて、正面から見ると不揃いになってしまいます。一見これでもよさそうですが、手前をピタリと揃えて並べ替えると一目瞭然。本の高さがそろっていなくても、きちっとした感じに見えてしまうのです。
簡単なことですが、これが手軽に効果をあげる基本テクニック。いますぐにでも実行しましょう。
デコボコのBEFORE 前面を揃えたAFTER

STEP2 本の塊をつくる

高さが同じ本を集めて並べることができれば美しく見えますが、分類上そうもいかない事が多いもの。そんな時には、高さがバラバラな状態に手を加えて並べ直します。並べるときには、ちょうどVの字を描くように、中央を低く外へいくに従って高くなるように意識してください。
すると、本の塊ができて、前面を揃えただけの状態よりも更にまとまった印象が高まります。
前面揃いのBEFORE Vの字状のAFTER

STEP3 左右にゆとりをつくる

もっと素敵に飾って魅せるためには、本を塊にして左右にゆとりをつくると上手くいきます。
ひとかたまりが正面から見て正方形に見えるように、ブックエンドを使ってまとめます。さらに、両サイドに小物をディスプレイしましょう。

これで、本も立派な飾り物に見えてきます。これこそ「魅せる収納」のお手本。こうやって工夫を重ねていくうちに、本に限らず「魅せる収納」のテクニックが身についていくことうけあいです。
Vの字状のBEFORE 左右ゆとりのAFTER

次は、どうやっても整えにくい実用書や雑誌の魅せ方です。