新しい「普通のテレビ」~地上デジタル放送対応

いくら「普通のテレビ」と言っても、避けて通れないのが「地上デジタル放送」です。 地上デジタル放送は、現在「普通」の地上波アナログ放送に置き換わる新しい放送で、2003年、東京、大阪、名古屋の大都市圏で放送が開始され、その他の地域も、2006年に開始が予定されています。 

2011年には、現在のアナログ放送が完全に終了し、地上デジタルへ移行する予定になっている事から、今テレビを買い換えるなら、地上デジタルチューナー内蔵テレビをお薦めします。 

30型以上の大手メーカー製品では、ほぼ標準的に搭載されていますが、念のためご確認を!

地上デジタルチューナーを内蔵していないテレビでも、2011年以降、「地上デジタルチューナー」(単品)を追加する事で視聴を続ける事が可能ですが、接続や操作が複雑となる事から、「普通のお宅」では不便と言えます。

 

* 地上デジタル放送についての詳細は、筆者記事 役に立つ地上デジタル放送Q&A と はじめよう! 地上デジタル放送! をご参照ください。

 

 

さいごに

今回は、画面の大きさなど、テレビ選びの「基本」について触れました。 

次回はさらに、あなたにピッタリの1台を見つけて頂けるよう、最新モデルから、売れ筋製品をピックアップし、機能や性能を比較してゆきます。 「夏のボーナス お薦め液晶テレビ ベスト5(2005年6月5日UP)

 

 

関連リンク集

あなたにピッタリなのは!

プラズマ VS 液晶 どっち ?! 

「プラズマテレビ」と「液晶テレビ」、比較してどちらの「大画面」が良いのかお悩みの方も多いのではないでしょうか!  ボーナスで「大画面テレビ!」の購入をご検討の方必見デス!

「薄さ10cm」 に落とし穴!

宣伝文句の一つ「薄さ」、皆さんの注目のポイントでもあります。 でも購入前に知っておきたい「落とし穴」的ポイントがあるんです。 「落とし穴」とは!?…

もう他人事ではない!

はじめよう! 地上デジタル放送!

話題の「地上デジタル放送」、視聴可能なエリアが広がっています。 3大都市圏にお住まいなら、もう他人事ではありません! まずは、お住まいの地域が、視聴可能なエリアか確認してみましょう!

プラズマも液晶もおまかせ!!

薄型大画面テレビ関連記事集

薄型大画面テレビ関連記事を整理しました!



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。