会陰(えいん)切開はお産の進行がスムーズでない時に行う

会陰(えいん)切開は、赤ちゃんが産まれてこようとする時に、腟と肛門の間の「会陰」という部分を少しだけ切ることです。

赤ちゃんが下がってくるにしたがって、出口である会陰部の周辺の皮膚は徐々に薄く伸びてきます。ところが、伸びが悪かったり、赤ちゃんの頭が会陰に圧迫されたまま心拍が低下してきた時など、お産の進行がスムーズでない時に会陰切開が必要となります。

会陰切開をする頻度は、施設、医師の方針、介助する助産師の技量などによって異なってきます。たとえば、子宮口が全開大したら早めに息ませる施設では、できるだけ息ませないでじっくりと待つ場合と比べて、会陰は伸びにくくなるので、切開率は高くなるでしょう。また、医師が積極的にお産に関わる施設では、できるだけ助産師にまかせる施設より、やはり、切開率は高い傾向にあるでしょう。

初産婦であれば、ほぼ100%会陰切開をしている施設もあれば、ほとんど切開はせず、会陰裂傷ができれば縫合をするという施設もあるでしょう。

会陰切開に積極的な医療者の意見
  1. 自然裂傷よりも傷口の痛みが少なく、回復が早い(→明確な根拠はない)
  2. 赤ちゃんを早く出してあげられる
  3. 会陰部が伸ばされすぎると、骨盤底筋にも影響し、のちに排尿障害の原因になることがある
     
会陰切開に慎重な医療者の意見
  1. 自然にできた傷の方が治りが早い(→明確な根拠はない)
  2. 必要時にだけ会陰切開をすれば赤ちゃんの元気度に問題はない
  3. 骨盤底筋への影響は必要時と全例の切開で変化はない
  4. 産む女性の意向を尊重すべきである
     
以前と比較すれば、今は必要な妊婦に対して切開を行うという、慎重な方針にコンセンサスが得られています。バースプランを相談する時などに、その施設の方針を確認して、あなたの意向も伝えておくようにしましょう。

会陰切開後は、溶ける糸で縫合することがほとんど

会陰切開を行う時は、赤ちゃんの頭が見えたままになる「発露」のときに、切開をする部位に局所麻酔を行なってから、刃先の丸いはさみで、1ヶ所約3~4cmほど切開します。麻酔をしているうえ、特に陣痛時に切開された時には、痛みはあまり感じないでしょう。腟口から真っすぐ下方、肛門方向か、斜めに切開を入れるかは、その時の状態や医師の方針によって異なります。

赤ちゃんが産まれ、胎盤娩出後に、再び局所麻酔をして傷を縫合します。縫合に使う糸は、以前は絹糸(けんし:きぬいと)でしたが、今は自然に溶ける吸収糸を使用するので、基本的に後で抜糸の必要はありません。ただし、縫った傷がひきつる場合は、抜糸をした方が楽になるので、その時は退院前に抜糸をします。

縫合法はいろいろありますが、脂肪など、中の組織を合わせたあと、埋没縫合といって、皮下を細かく縫い合わせてゆくことが多いでしょう。時々「何針くらい縫ったのでしょう?」と、聞かれることがありますが、以前のように、大きくザクっと縫うことは少なくなりました。

切開後の痛みは数日から1週間くらいでおさまり、産後1ヶ月くらいたつ頃には違和感もなくなってくるでしょう。

>>>会陰切開についてその他の情報はこちら