引き出しにしまうときに注意すること

引き出しケース収納

たたんだ服を積み重ねると、下になった服が出しにくくシワになりやすい

吊るした服と床との間にできたスペースには、引き出しケースを置いて、たたんだ服をしまいます。服をたたむときには、引き出しに立てて並べたる状態をイメージして、引き出しのサイズにあわせて四角くたたみましょう。

衣替えの時など引き出し内を整理するときには、引き出しを縦に立てて、そこにたたんだ服を重ねていくと、服の重みで3割多く収まります。

また、引き出しから服を出すと中身が斜めに崩れやすいので、ブックエンドで押さえたり、市松模様に互い違いに並べておくと便利です。引き出しケースのほかに、棚やボックスなど市販の収納用品を組み合わせると、バッグや小物なども無駄なく収納できます。


ドア裏を使ってみる

ドア用フック収納

部屋の扉や死角になる壁も収納に活用できる

クローゼットが開き扉のスタイルになっていると、さらに収納力が上がります。扉の裏や表に、ウォールポケットやハンギングフックを取り付ければ、アクセサリーやベルトなどの小物収納が可能です。

扉を使って収納すれば、開け閉めするたびに視界に入るので、小物の活用率が上がります。でも、扉が折戸や引き戸という場合には、この手が使えません。そんなときは、クローゼットの内側の側面壁を使ってもいいでしょう。100円均一のお店にあるメッシュネットを取り付けて、フックで吊り下げる方法もあります。ネットに引っ掛けるバスケットを使うのも手です。

服というのは、ついつい増えてしまいがち。ぎゅうぎゅう詰め込みたくなりますが、まずは収納の基本通りに収納してみてください。それだけでも、成り行きでしまうより収納力は確実にアップしますよ。


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。