オシャレは足元から、素敵な暮らしは玄関から! と言ってもいいでしょう。そこで、玄関がどんなに狭くても、すっきり片付く収納法をご紹介します。

狭い玄関に不満はあっても

玄関には靴クリームなどの手入れ用品、消臭グッズ、レインガードなど仕舞っておきたいモノが多いのです。

玄関には靴クリームなどの手入れ用品、消臭グッズ、レインガードなど仕舞っておきたいモノが多いのです

家の中でも靴を履いている欧米では、雨に濡れた靴や長靴は別として、基本的に靴収納はクローゼットの機能です。そのため、クローゼット用のネクタイやスラックスラックと同じように、靴ラックが収納用品としてラインナップされています。ところがクローゼットに裸の靴をしまう習慣のない私たちには、少し違和感がありますね。どんなに暮らしが洋風になっても、玄関で靴を脱ぐ習慣は抜けないものです。

それなのに玄関のスペースが狭くて、靴やコートを収納できない住まいが多いのは本当に困ったこと。近ごろようやく、靴専用のウオークイン収納のある玄関を見かけるようになりましたけれど、まだまだ一般的ではありません。

そこで靴の収納を考えるときには、
  • 限られた玄関スペースをどう使いこなすか
  • 玄関以外でどう仕舞うか
という2点がポイントになってきます。

靴も衣替え

衣替えをするのは衣類だけではありません。身に付ける服が変われば、靴もシーズンに合わせて履き替えることになります。 靴と季節感を重ねあわせて大雑把に分けてみると以下の5通りです。

A:年間を通して履く靴・・・スニーカー、ウオーキングシューズ、パンプス、ローファー、スリッポン
B:暑い季節に履く靴・・・サンダル、ミュール、エスパドリュー、明るい色の靴
C:寒い季節に履く靴・・・ブーツ、起毛素材の靴、濃い色の靴
D:雨のときに履く靴・・・レインシューズ
E.:冠婚葬祭に履く靴・・・黒いプレーンな靴、装飾性の高い靴

こうしてみると、年間を通して下駄箱に入れておく靴と、他の場所で保管してもいい靴に分類できることが分かります。あらためて自分の靴のラインナップを見直してみると、収納法も変わってくることでしょう。

もちろん、AからEまで全て仕舞える下駄箱なら問題はありません。その際には取り出しやすい位置に、履く頻度の高い靴を仕舞うように場所を入れ換えるだけで、いつもベストな収納になります。