Windowsのセットアップ(注意事項のつづき)

●フォーマットの種類に注意!(Windows XP)
パーティションを選択すると、ディスクのフォーマットの種類が以下の4つ表示されます。(クイック)と書かれていない方を選択してください。

【Windowsインストーラで表示されるフォーマットの選択肢】
  • NTFS ファイル システムを使用してパーティションをフォーマット(クイック)
  • FAT ファイル システムを使用してパーティションをフォーマット(クイック)
  • NTFS ファイル システムを使用してパーティションをフォーマット
  • FAT ファイル システムを使用してパーティションをフォーマット
なお、FAT(FAT32)を選ぶと、フォルダのアクセス権が設定できなくなるため、セキュリティ上は問題がありますが、Mac OS Xで起動したときに直接書き込めるようになるため、NTFSよりも便利になります。用途に応じて選んでください。

……あとはフォーマットが進行し、ファイルのコピーが自動的にはじまります。

●時間合わせに注意

Windowsのインストールが進むと時間合わせの画面になりますが、このときMacの時間と9時間のズレが出てしまいます。それぞれのOSを起動するたびに変更してやる必要があるので、とりあえずインストーラの画面では変更しなくてもよいでしょう。
 
画像
Windowsで起動するたびに時刻の調整が必要です

●Windowsでインストールディスクを取り出す方法
Windowsのインストールが完了すると、Macに付属している「Mac OS X Install DVD」(またはMac OS X 10.5 Leopard インストールディスク)に入れ替えるため、ディスクを取り出す必要があります。その場合は、エクスプローラ上でディスクをクリックして選択し、ファイル > 取り出し を選ぶか、左側のアイコン「このディスクを取り出す」を選びます。
 
画像
キーボード上のEjectボタンが機能しないため、2ボタンマウスがない場合は、CDを選択状態にして、「このディスクを取り出す」をクリックします
 

最後に、Mac用ドライバをインストールしてできあがり!!

Macに付属している「Mac OS X Install DVD」(またはMac OS X 10.5 Leopard インストールディスク)を挿入すると、自動※でドライバのインストールが始まります。
※Windows Vistaの場合は最初に確認メッセージが表示されます
 
画像
CDを挿入すると、Macintosh Drivers for Windows XP セットアップが始まります。この作業が完了すれば、MacBook ProにWindowsXPをインストールする作業は完了です
 
Windows Vistaの場合、ドライバのインストール後、スタートメニュー - コンピュータで右クリックし、プロパティを開きます。その後「パフォーマンスの情報とツール」画面で「今すぐ最新の情報に更新」をクリックしてWindows エクスペリエンスインデックスを最新の情報に更新します。これをしないと、ウインドウが半透明になりません。
これを計測しないとWindows VistaのAeroが有効になりません。Boot CampパーティションをVMwareなどで一度実行した後でも計測し直す必要があります(クリックで拡大)

これを計測しないとWindows VistaのAeroが有効になりません。Boot CampパーティションをVMwareなどで一度実行した後でも計測し直す必要があります(クリックで拡大)

 

動作速度計測について(HDBENCH Ver3.40 beta6を使用)

MacBook Proで動作するWindows XPの動作速度も気になるところですが、いちおうHDBENCHの結果を載せておきます。当たり前ですが、最新のモデルではもっとパフォーマンスが高くなります。
 
画像
当たり前ですが、エミュレータなどとは比較にならないほど速いです



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※OSやアプリ、ソフトのバージョンによっては画面表示、操作方法が異なる可能性があります。