曲線使いでエレガントに

エレガントさを強調するのであれば、曲線を描くことを意識してみましょう。特に、トランスペアレントと呼ばれるレースやボイル地の掛け方を工夫するといいですよ。バルーンシェードやカーテンのすそをアーチ形に仕上げたスカラップ、カーテンを中央で交差させたクロスオーバースタイルなど柔らかな曲線を描くカーテンスタイルに仕立てると、優美な印象が強まります。

しかし、スタイルカーテンの中には開閉をせずにその美しいスタイルを楽しむものがありますから、窓の目的に適っているかどうかも併せて検討してくださいね。
 

スタイルカーテン

左上:カーテンと共布で作ったスワッグバランスは緩やかな曲線を描き優雅。右上:裾部分に円をつくるバルーンシェード。(画像:川島織物セルコン)左下:中央を交差させたっぷりとプリーツを使ったクロスオーバースタイル。贅沢で華やかな印象。開閉しない窓に。右下:裾部分にフリルをつけた可愛らしいスカラップスタイル。出窓や腰窓に(画像:サンゲツ)


次ページではカーテンのファブリックを選ぶときのポイントです。
明るく光沢のあるファブリックを>>