プリーツスクリーンってご存知ですか。日本に登場してからかなりの年月がたち、今では、 シンプルなデザインで人気のある窓装飾の一つ。今回は改めて、プリーツスクリーンの魅力をご紹介します。

すっきりシンプルなプリーツスクリーン

プリーツスクリーン
水平ラインが美しいプリーツスクリーン。窓枠にもすっきりと納まるので、たまりが気になる机の前にある窓にもおススメ。(画像:タチカワブラインド)
プリーツスクリーンとは、一枚のスクリーンを畳み上げて、上下に開閉するタイプの窓装飾のこと。このプリーツスクリーンの一番の特徴は、すっきりとしたデザインです。

スクリーンに使用されている生地は、主に不織布や和紙といった素材。樹脂加工を施した生地にピシッとプリーツをつけて織り上げるため、すっきりとした水平ラインが印象に残ります。

また、 プリーツの巾も15mm~25mmと薄いので、窓の枠内にもすっきりと納まります。上下開閉なので、窓前に机や収納がある場合でも、たまりを気にせずに使うことができます。

一台で2度美味しい!

プリーツスクリーンで面白いのは、一台でカーテンのレースとドレープの効果を持たせることができること。 プリーツスクリーンには、上下に違う2種類の生地を選ぶことができます。一枚は透け感のあるレースのような生地を、もう一枚には、しっかりと視線や光を遮るような生地を選べは、開閉の操作によって、遮蔽や遮光効果を目的に応じて変えることができます。

更に、生地上の昇降コード用の穴をなくし遮光性を高めたアイテムもあり、寝室等高い遮光性を求める部屋でも有効です。

プリーツスクリーン
一台で異なる遮蔽や遮光効果が得られるプリーツスクリーン(画像:タチカワブラインド)

上の左側画像は、下半分を目隠しタイプにした例。道路や階下からの視線をシャットアウトしながら、目線にあたる外の景色を楽しむことができます。右側は、上半分を目隠しにした例:隣の建物上部からの視線をシャットアウトし、自宅の庭を楽しむときなどに良さそうです。

必要なときには、どちらかの生地で窓全体を覆うこともできます。価格も2台のプリーツスクリーンを設置するよりもお得になります。

上の左側画像の場合の金額を例にとると…。
【タチカワブラインド ペルレ25(コードタイプ)】
生地:エーレ(下部) サナエ(上部)
サイズ:巾161~200cm 高さ141~180cmの場合では、
それぞれ一台づつ設置すると、厚地36,860円+薄地33,300円=70,160円となります。画像のように一台のメカに2種類のスクリーンを選ぶペアタイプでは、61,300円。差し引き8,860円もお安くなるんですよ!!

プリーツスクリーンはいろいろな窓に使えるのも魅力なんです。
次ページは、大小縦横いずれもOK!>>