暑い夏、部屋で少しでも涼しく過ごしたいものですね。夏に涼しさを感じる工夫は幾つかありますが、風通しもその一つ。空気が動くだけでも涼感は随分とアップするものです。今回は、夏を涼しく過ごすコツとして、風に注目したインテリアの工夫をご紹介します。

通風には入り口&出口が必要

すだれ
通風のためには風の入り口と出口が必要です。でも、マンションなどの集合住宅の場合、窓は1部屋につき1箇所の場合が多いですね。
夏の涼しさのポイントは風通し。昔の家にはエアコンはありませんでしたから、家の中に風が通り抜けるような作りを心がけていました。現代の住宅でも、エアコンに頼らず自然の風で涼を取りたいものです。

風を通すには、窓から室内に風を入れるだけでなく、風が出て行く場所も作る必要があります。望ましいのは対面する位置に2箇所の窓を設けることですが、日本の住宅事情では難しいことも多いですね。そんなときには、別の部屋の窓を通風出口に見立て、建具を開け放つだけでも風は抜けていきます。

通風のために、建具を開け放つと気になるのは、室内への視線。通風を確保しつつ遮蔽効果があり、そして見た目も涼しげなアイテムを選んで、涼しく快適に過ごしましょう。

新築や大掛かりなリフォームのときには、風の流れを考慮したインテリア計画も心がけてくださいね。風が通りやすいように、室内窓や欄間を設けたり、建具自体に通風用スリットを設ける手段もあります。また、建具を開け放すことも念頭において設置場所や開閉方式を検討していきましょう。

次ページは通風&遮蔽効果のあるお洒落なのれんやカーテンをご紹介します!