機能性が高い、1ヶ月から使えるモデル techno XT(テクノ XT)

TXT

欧米ではこれでもかなりコンパクトな部類

欧米では人気が最も高いモデル。生後1ヶ月から使えるほか、4段階のリクライニング機構やハンドルの高さ調節機能、幌が角度調節できるといった高い機能性が人気の秘密。また、マクラーレンの中では最もホイール径が大きく、前後輪ともサスペンションがついているので段差にも強く快適性が高いと言えます。

シンプルな基本セットはグレー(4万9350円)ですが、赤ちゃんの頭を支えるクッション、ヘッドハガーやハーネスパッド(ショルダーベルトに付けるパッド)が付属するブラック(5万1450円)もあります。さらにフットマフが付属し、よりリッチなファブリックを使用した「techno classic」(5万8800円~)もラインナップするので、好みに合わせて選ぶと良いでしょう。

なお、同じく生後1ヶ月から使えるモデルには「vogue(ヴォーグ)」、「ryder(ライダー)」もあります。テクノシリーズよりも小さいミドルサイズのタイヤを採用し、ハンドル調整機能はありません。

標準サイズ:W490×D820×H1080~1110mm(折りたたみ時はW1090×D340×H320mm)
重量:7.6kg
対象年齢:1ヶ月から4歳の誕生日、もしくは15kgに達するまで
機能:4段階リクライニング、3段階高さ調節ハンドル、前後輪サスペンションなど
価格:4万9350円~
 

 



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。