隣のベランダから!? タバコ臭がつくシーンいろいろ

吸わない人には特につらいタバコの臭い……

吸わない人には特につらいタバコの臭い……

洋服についたタバコの臭いは、愛煙家もですが、普段タバコを吸わない人はさらに気になるものです。手ごわい臭いですが、できれば家にあるもので消臭してみましょう!

臭いがつく要因はさまざま。愛煙家なら当然のことですが、タバコを吸わない人でも飲み会や会議などで喫煙者と同席すれば避けられません(接待だとなおさら)。それに、家族に愛煙者がいれば、喫煙時だけでなく一緒に洗った洗濯物まで臭い移りします。

なかにはオークションで落とした洋服がタバコ臭くてショックを受けたり、隣人のベランダ喫煙で洗濯物がタバコ臭くなったりなど、笑えないケースも。愛煙家も喫煙場所を選んだりと気を使ってはいるものの、限界があるのですね。

【INDEX】  

タバコ臭の原因は? なぜあんなに臭うの?

タバコの煙に含まれる臭気物質は数百とも

タバコの煙に含まれる臭気物質は数百とも

タバコの臭いは複雑な成分の複合臭です。繊維につく臭いは喫煙時に出る煙に含まれる臭いですが、この物質の数が半端ではなく、臭気物質だけで数百、全部では数千ともいわれます。

代表的な臭気物質はアセトアルデヒド、酢酸、アンモニア、ニコチン、硫化水素など。カーテンなど、あまり洗濯しない繊維についたものの中には、酸化して性質が変わるものもあります。

なおよく耳にする「ヤニ」は、煙に含まれる成分のうち揮発した成分や一酸化炭素が除かれた粒子状のもの。ちなみに「タール」はヤニの主成分です。
 

タバコの臭いの落とし方いろいろ

このように多くの成分が含まれ、時間で酸化してしまうなど、いろいろなものが混じっているため、「これ!」といった消臭方法を示せないのがタバコ臭いの手ごわいところ。でも幸い(?)、水溶性の成分が多いといわれるので、染み込み方の軽いものなら通常の洗濯を繰り返すうちに消えてしまいますし、多少強めについた臭いなら酸素系漂白剤の併用で消えます。

でも、強烈なタバコの煙の中で長時間過ごした場合や、喫煙者のいる家のカーテンのように繊維に浸透している場合だと、上記の方法では落ちません。

お金がかかるのを承知のうえでクリーニング店で相談してみたり(ウェットクリーニングの扱いがあるお店がおすすめ)、色落ちや傷みなどのダメージを覚悟のうえで、漂白剤の中でも作用が強い「粉末の酸素系漂白剤」や「塩素系漂白剤」を使うという方法もあります。真っ白なもので、装飾に金属や貝のボタン等デリケートなものが使われていないものであれば、塩素系漂白剤を使ってもよいでしょう。

ただ、ダメージやお金がかかる方法ではなく、もっと身近なナチュラル素材を使った方法もあるので、今回はそちらをご紹介します。水や温度、重曹の臭い吸着力や中和力、クエン酸の臭い中和力を利用してガンコな臭いを消す方法です。衣類だけでなくカーテンやソファカバーなどの大物の臭いも悩ましいものですので、そちらの洗い方も、最後にご紹介しますね。
 

一時的にもらったタバコ臭で、スーツなど自宅洗濯できないものの場合

一時的にもらったタバコ臭いは、繊維の表面に臭い成分がびっしりついているものの、奥までは染み込んでいない状態です。スーツなど自宅で洗えない衣類の応急処置もこの方法で。
 
  1. 数日間、風通しのよい場所で干します。日向か日陰かは衣類の表示に従って。
     
  2. 入浴後の湿気がこもったお風呂に一晩吊るし、換気扇を回しておきます。浴室の湿気がタバコ臭を吸着して取り去ってくれます。一緒にシワも取れるので便利なワザです。翌日は風通しのよい場所でしっかり洋服の湿気をとばします。
     
  3. スチームアイロンを当てます。水分と高温の風でタバコ臭を拭き飛ばします。素材によっては高温で傷むものもあるので、洗濯絵表示でアイロンの適温を調べてから! スチームアイロンが縦向きでも蒸気を出せるタイプを持っていると便利です。
     
  4. 脱いだ直後にドライヤーを当てます。まだぬくもりと湿気のある脱衣直後に高温で臭いを飛ばします。ドライヤーは20cm以上離して使ってください(近すぎると焦げることも)。   
 

しみついたタバコ臭いの場合・レベル1:重曹を使って洗濯

喫煙者や、長時間にわたってタバコの煙の中にいたような場合、繊維の奥まで成分が入り込んでいます。スーツなど洗えないものは、上記の応急処置をしたり、クリーニング店に持っていったりしましょう。

自宅で洗えるものの場合は、まず衣類を大きなポリ袋に入れ、重曹を大さじ3、4杯ふりかけて袋ごとシャカシャカ振って一晩置きます。そして、翌日普通に洗濯機で洗います。
 

しみついたタバコ臭いの場合・レベル2:重曹+お湯を使って洗濯

浸して中まで染み込んだ臭いを消す!

浸して中まで染み込んだ臭いを消す!

洗い桶に、40℃前後のお湯を洋服が浸る程度入れます。そこに重曹大さじ3、4杯と、繊維に合った洗剤(おしゃれ着は中性洗剤など)を規定量を加えて混ぜ、洋服を30分~2時間くらい浸します。色落ちしやすい衣類は短時間で!

あとはそのまま普通に洗濯機へ。使った洗剤水は捨てます。
 

しみついたタバコ臭いの場合・レベル3:重曹+お湯+クエン酸を使って洗濯

まずは上記の浸け置きをし、その後の洗濯機洗いでも、お湯を使います。ウールや一部の化学繊維など高温に弱い素材はダメですが、綿などであれば40℃以上のお湯を使って洗います。洗濯機洗いの段階でもお湯を使うことで、常温水では落ちにくい成分を落とせます。また40℃は洗剤の洗浄力も最大限に引き出せる温度でもあります。

なお、お風呂の残り湯だと翌朝には30℃以下にまで下がっていますので、残り湯を使いたいならお風呂を出てすぐに洗濯機を回してください。

それでも残りがちな臭いを緩和したい場合、最後のすすぎに小さじ1杯ほどのクエン酸を加えます。クエン酸には合成洗剤のゴワゴワ感を緩和したり、石けんカスを防いだり作用もあるので一石二鳥です。
 

ここまでやってもダメだぞという場合

あとは、衣類が傷まない程度にこれらの方法を何度か試し、それでもダメならタバコ臭専用の洗剤を使うか、クリーニング店に相談することをおすすめします。
 

カーテンの消臭応急処置とお洗濯

タバコの臭いのうち、部屋の臭いの発生源にカーテンがあります。カーテンに付着しやすい物質にアンモニアがあるという研究成果もありますので、アンモニア臭に効くクエン酸スプレーを、喫煙後時間がたたないうちにしておくのも1つの対策です。

時間がたってからは、アルデヒドに変化したものや、その他の臭いなど複合臭になっていますので、重曹や酸素系漂白剤を溶かしたお湯で浸け置いてから、普通に洗濯するとよいでしょう。

【関連記事】

【編集部おすすめの購入サイト】

楽天市場で洗濯グッズを見る

Amazonで洗濯グッズを見る

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。