コアラ
「かわいいな」と思うか「ニブいな」と取るかで長所にも短所にもなることって、ありますよね?
「恋人の欠点を美点と思わない者は、愛しているとは言えない」かつて、ドイツの詩人であるゲーテはそんなふうに言ったらしいけれど、これって「お見合い」では、なかなか難しいこと。

だって、会ったばかりでは相手の「欠点」に見える一面が、本当にダメなところなのか美点に転ぶ「いい味」なのか、即座にジャッジできないもの!

というわけで今回も、前回に続き仲人歴17年の「お見合いのプロ」である志賀さんご夫妻に聞いた、お見合いで失敗に終わった残念な実話をまじえつつ、そこからお見合いで成功する秘訣を学んでみることにしましょう!

「お見合い」でタブーの3つの質問

タブー画
「なぜって聞かれても、こっちが聞きたいよ!チっ!」と思わせる苦々しい質問は男子も女子もタブーです!
まずは、「聞いてはいけない質問」について。お見合いの席でこれを聞いたら「なんてデリカシーのない人だろう!」と相手に敬遠されてしまうダメダメな質問、それが次の3つです。

■「なぜ今まで結婚しなかったんですか?」
……そんなこと聞かれても本人も困るだけ、という質問。「キレイな女性に対して謙遜の意味で言ってしまう男性が多いんですよね(苦笑)」とは志賀さん。だったらストレートに容姿をほめてほしいところ!

■「このお見合い、何回目ですか?」
……意味なしの質問の典型。何回目であろうと、偉くもなければ古びてもいません!

■「長男?」「両親と同居?」「会社は一部上場?」
……プライバシーの調査的な話ばかりをしては相手も興ざめに。お見合い当日は、条件よりも人柄を見る質問をするのがベスト!

以上が、うっかり聞いてしまいがちなワースト3の質問とのこと。ところで、そもそも「お見合い」のマナーって、あるのでしょうか?