前回の記事「あなたは女社長になれるのか? その1」に引き続き、株式会社ナチュラックの菅原智美社長に話を伺う。今回の記事では、「女性社長」の素質や、起業に対する心構え、そして菅原流の「夢のかなえ方」を紹介しようと思う。リアルに経営者として自分の道を進んでいるので、これから起業しようとしている人、あるいは起業したがスランプに陥っている人など、幅広く読んでいただきたい。

社長業はそんなに甘くない!

ガイド:女性社長になるめに必要なことは何でしょうか?

話を聞かせてくれた菅原智美社長。

話を聞かせてくれた菅原智美社長。

菅原さん:情熱ですね。社長業をよく知らない人は、華やか、稼げそう、かっこいいという思いで起業してしまう傾向がありますが、こういった場合には失敗するケースが多いんです。強い決意がないと難しいですよ、経営はそんなに甘いもんじゃないです。

ガイド:女性が起業する場合、どのような業種が多いのですか?

菅原さん:小さい事業、身の回りの事業をやることが多いですね。でも、こういった事業の場合大きくなりにくいんです。しかも、女性は無茶をしませんからね。だから、個人事業主は女性の方が多いんです。

ガイド:菅原さんは、女性経営者のサポートもされていますよね?

菅原さん:私がやりたいことは、女性経営者を増やすことなんです。事業は存続させなければならない、そのためには利益を上げなければなりません。でも、私が考える事業は、雇用を生む事業です。なぜなら、雇用することで社会に貢献するのだから、雇用しないのであれば事業ではない。そう定義づけています。
先ほどもお話しましたが、女性は無茶をしないので、かたく事業をします。なので、つぶれる可能性は低いのですが、大きくはなりにくい。でも、事業をやるのであれば、全国展開、世界進出をしたいという人と一緒に成長していきたいんです。そういう方たちを1つにまとめていきたいと思いますね。

地方が抱える問題

ガイド:地方でセミナーをされているようですが、地方と都心では女性が起業するモチベーションに違いはありますか?

菅原さん:モチベーションというよりも、まず大きな問題として、地方では女性経営者がなかなかいないということがあります。起業したいといっても、周りから反対されてしまう現実がありますね。周りの理解がなかなか得られないようです。たとえば、女性は家にいるものだという考えがあったり、子供はどうする?家庭は?という縛りもありますね。
でも、自分で事業をやった方が、動きやすいんですよ。子供の体調が悪くなっても、臨機応変に対応できるし、自分の時間もとれます。だから、デメリットはそうないのだから、起業したいという情熱とやる気があればできるのではないかと思いますね。

ガイド:成功モデルが少ないからかもしれませんね。イメージができないというか。そもそも、起業までの道筋がわからないから、起業ができないようにも思います。

菅原さん:だから、まずは自分が成功モデルになればいいんですよ。そういう情熱がある人もいますから、地方から女性経営者がどんどん出てきてもおかしくないでしょう。