医療機関での治療法

医療機関では様々な治療が行われます
アレルギーの病気や膠原病で医療機関で行う治療として医療機関でもらう薬について紹介します。

アレルギーや免疫を抑えるためには、内服薬、注射薬、吸入薬、外用薬、点眼薬、点鼻薬があります。それぞれの症状や程度に応じて、使い分けます。
例えば、アトピー性皮膚炎なら外用薬、喘息なら吸入薬になります。

ここでは、薬の効果で分類していきたいと思います。

1.炎症を抑える薬  >>
アレルギーの病気、膠原病では治療の中心になります。

2.免疫を調節する薬  >>
免疫を抑えることは、炎症を抑えることになります。

3.抗アレルギー薬・抗ヒスタミン薬  >>
ステロイド以外でアレルギーを抑える薬を紹介します。

4.漢方薬  >>
漢方薬も大切な治療の1つです。

5.アレルギー症状への治療  >>
上記以外で、アレルギーや膠原病で使用する薬です。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項