比較的女性に多いといわれるまぶたの病気
まばたきの頻度やまぶしさを感じる違和感に始まり、下まぶたのけいれん、そして上下まぶたのけいれんに進行していく眼の病気があります。症状が進むと、日中、目をうまく開けていられなくなったり、まぶたが急に閉じてしまって日常生活に支障をきたすこともあります。

急に両まぶたが閉じてしまうというのは怖いことです。例えば歩行中に電柱や通行人にぶつかったり、ドライブ中に事故を起こすこともあります。このちょっと注意が必要な目の病気は、「眼瞼(がんけん)けいれん」と呼ばれ、40代以上の女性に多いといわれています。今回はこの症状についてご紹介しましょう。


眼瞼けいれんとは

眼瞼(がんけん)けいれんとはは、まぶたを開閉する筋肉(眼輪筋)が収縮して、自分の意思とは関係なく、まぶたを閉じてしまうような病気です。眼輪筋は、顔面神経が動かしているので、その神経の異常が起因していると考えられています。

■ 眼瞼けいれんの症状
・まばたきが多い
・目を開いていられない
・まぶしさを感じることが多い
・まぶたのけいれん
・まぶたが急に閉じてしまう

けいれんだけが、この病気の特徴ではありません。初期段階の症状では、ドライアイや眼精疲労と誤診されることもあるようです。症状がひどくなると、日頃のうっとうしさや、まぶたが閉じてしまう不便が発生します。


眼瞼けいれんの検査法とは

眼科医による問診、症状の観察により診断される。まばたきのテスト(瞬目負荷試験)を行い病気の状態をみます。

脳の病気が関係している場合もあるので、神経内科や脳外科での基礎検査(MRI検査)を受けることも大切です。あるいは、病院内で眼科とそれらの科が連携して治療にあたることができれば理想的です。


眼瞼けいれんの治療とは

原因が不明なため、治療がむずかしく、対症療法がおこなわれています。

薬物治療
精神安定剤、抗パーキンソン薬、抗てんかん薬の服用による治療。

ボツリヌストキシン療法
近年注目を浴びている治療法で、毒素「ボツリヌストキシン」を目のまわりの筋肉に注射し、人工的に軽い顔面神経麻痺を発生させ、けいれん症状を抑える治療法。美容外科でシワとりなどで使われることで有名な「ボトックス」(商品名)が使われることもあります。1回の注射で、3~4ヶ月効果が持続します。

手術による治療
まぶたの筋肉を手術で短くして、まぶたを開きやすくします。

単にまぶたのピクピクが、背後に思わぬ病気が隠れていたり、日常生活に不便を感じるような症状の進行に発展する場合があります。この病気をよく取り扱う眼科医か、神経内科、脳外科での検査や治療をうけるようにしましょう。

■パソコン疲れ解消法なら、ガイドの主宰するデジタルヘルスセンターをチェック!
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項