手作りごはんは、栄養バランスに注意

「ドライフードだとお皿にパラパラと入れるだけで全く手間いらず、まるで手抜きをしているみたい。」「なんだか味気のなさそうな食事で、毎日同じものでは猫に申し訳ないような気がして。」「新鮮な材料を自分で吟味して、手間をかけた手作り食の方が猫に愛情が伝わるんじゃないか?」と思われるかも知れませんが、猫に必要な栄養素をきちんと理解し、それに基づいた食事を作るにはかなりの勉強が必要です。中途半端な知識で猫の身体によいと勝手に判断し手間をかける時間があれば、おもちゃで遊んだり、グルーミングをしながら猫の相手をする時間を作るのも同居人にできる愛情表現のはず。猫の栄養をきちんと考えて作られた総合栄養食を主食にするのが、猫にとっては一番です。

もしなにかあって同居人が猫の面倒をみられなくなった場合、手作り食しか食べない猫では誰にも預けることができません。猫が入院しなければならなくなった時や、万一災害などで避難するときにも、ドライフードは食べないのでこういう食事を~と用意するのが難しいでしょう。日頃からドライフードを食べてくれる猫にしておくと、猫の面倒をお願いする時に助かります。

猫にサプリメントは必要か?

様々なタイプの猫用サプリメントが目的別に販売されていますが、健康で日頃の生活に問題がなく、総合栄養食タイプのフードを食べている猫であれば、栄養補助タイプのサプリメントを与える必要はありません。

人間の場合、その日の気分によって好きなものを好きなだけを食べてしまうので、偏りがちな栄養バランスをサプリメントで補給しなければならないかも知れません。しかし、猫に必要な栄養がバランスよく配合された「総合栄養食」のキャットフードを与えていれば、それだけで充分健康を維持することができるのです。サプリメントを与えてしまうと栄養バランスをとるどころか逆に崩れてしまったり、栄養過多になって病気の原因になりかねません。

栄養補助タイプのサプリメント以外にも、免疫を向上させるものや病気や老化防が歌われているものなど色々ありますが、今健康状態が落ち着いている猫にサプリメントを与える必要があるかどうかは、獣医師に相談されてからの方がよいでしょう。

飼い猫は飼い主が用意する食事がすべてです。ご紹介した基礎知識で猫の健康を考えた良質なキャットフードを選択してください。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※ペットは、種類や体格(体重、サイズ、成長)などにより個体差があります。記事内容は全ての個体へ一様に当てはまるわけではありません。