猫は清潔なショップで選びましょう
清潔なショップを選びましょう
猫を飼うことが決まったら、次はどこから猫を入手するかですが、猫の入手方法は大きく分けて、ペットショップ、ブリーダー、ネット通販で購入する、知り合いや新しい飼い主を捜しているボランティア(里親募集)から譲渡してもらう、飼い主のいない猫(野良猫)を拾うという方法があります。ここではそれぞれの入手方法のメリット・デメリットを紹介します。

猫を購入する際には、必ず確認を!

2006年6月「動物の愛護及び管理に関する法律(動物愛護管理法)」の一部が改正されました。ペットショップやブリーダー、ネット通販で猫を購入する場合は、販売者が「動物取扱業の登録」を行っていて、下記のような基準を満たしているか必ず確認してください。これらが適正に行われている業者(個人)でないと動物を販売することができません。

  1. 「動物の愛護及び管理に関する法律(動物愛護管理法)」に定められた、動物取扱業の資格を持った責任者がいること 
  2. 正しく管理された清潔な施設で、健康に過ごせるような場所に置かれていること 
  3. 販売する動物に関して、正しい知識を持っていて、説明や文章によって確認ができること 
  4. 販売する時に、離乳食が済んで親と同じ食事が食べられる月齢であること 
  5. 販売の2日以上前に、健康状態に問題がないか確認されていること

たとえ個人で「可愛いうちの子が子供を産んだので譲ります」という場合でも、販売する時は「動物取扱業の登録」が必要になります。生まれた子を無料で譲る場合でも、それが1回以上繰り返されるときは動物取扱業の登録が必要になるのでご注意ください。違法な業者から購入することは、販売される猫たちの環境を悪化させます。絶対に止めてください。

子猫を購入する場合、最低1回目のワクチンを接種した後の方が安心です。子猫に健康上の問題がみられなければ、通常は生後8週頃に1回目のワクチンを接種します。この時期まで親兄弟と共に過ごした子猫の方が精神的に安定していることが多いので、あまり幼い子猫を求めるのはやめてください。