スパークラインとは

スパークライン」とはセルの中にグラフを表示できる機能で、Excel 2010で導入されました。グラフがセルの中にコンパクトにまとまって表示されるため、ひと目でデータの推移や傾向をつかむことができます。
スパークライン

スパークライン

Excel 2007では条件付き書式が強化され、セルに入力されたデータを棒グラフのように表示できる「データバー」機能が追加されました。この機能が、「ひとつのセル」のデータを「ひとつのセル」に視覚化するのに対し、スパークラインでは「複数のセル」のデータを「ひとつのセル」に視覚化することができます。複数のデータをひとつにまとめることで、データの推移や傾向を表現できる、というわけですね。
データバーとスパークラインの違い

データバーとスパークラインの違い


スパークラインで表示できるグラフ種類は、折れ線スパークライン、縦棒スパークライン、勝敗スパークラインの3つ。この記事では、折れ線スパークラインを中心に、その表示方法やオススメ設定などを紹介していきます。

なお、Excel 2007の条件付き書式と同様、スパークラインも「セルの書式の一種であること」に留意する必要があります。つまり、完璧なグラフとして機能するわけではない、ということです。したがって、データを正確に視覚化したい場合はグラフ機能を活用しましょう。



スパークラインを表示するには

まず、スパークラインを表示したいセル範囲を選択します。
スパークラインを表示したいセル範囲を選択

スパークラインを表示したいセル範囲を選択


「挿入」タブをクリックし、「スパークライン」グループで、表示したいスパークラインのボタンをクリックします。ここでは[折れ線]ボタンをクリックします。
[折れ線]ボタンをクリック

[折れ線]ボタンをクリック



表示された「スパークラインの作成」ダイアログボックスで、「データ範囲」を指定します。「データ範囲」にカーソルが点滅している状態で、スパークラインのデータ範囲をドラッグして選択します。
スパークラインのデータ範囲をドラッグして選択

スパークラインのデータ範囲をドラッグして選択



「データ範囲」が入力されたことを確認し、スパークラインを配置する「場所の範囲」が設定されていることを確認して「OK」ボタンをクリックします。
「OK」ボタンをクリック

「OK」ボタンをクリック



折れ線スパークラインが表示されました。
折れ線スパークラインが表示された

折れ線スパークラインが表示された




データの変更や追加も簡単に反映できる

データを変更すると、スパークラインにすぐに反映されます。
データ変更はすぐに反映される

データ変更はすぐに反映される



行が増えても、オートフィルタを使用すれば、簡単にスパークラインの表示範囲を拡張できます。
オートフィルタで簡単に範囲を拡大できる

オートフィルタで簡単に範囲を拡大できる



続いて、スパークラインのオススメ設定をご紹介!次ページへどうぞ!