モンハンを遊ぶなら、入り口で整理券

東京ゲームショウの図
千葉県は幕張メッセにゲームメーカーが大集結して一大イベントを行います。
日本最大のゲームのお祭り、東京ゲームショウ2010(以下ゲームショウ)がいよいよ近づいてきました。今年最も人気があると予想されるのは、モンスターハンターポータブル 3rd(以下モンハンP3)でしょうか。一般公開日の2010年9月18日、19日に行ってこちらをプレイしたいという方は、直接カプコンのブースへ向かってはいけません。まずは会場入り口で整理券を手に入れる必要があります。整理券は1人1枚、シングルプレイや、オンラインプレイ、あるいはソニー・コンピュータエンタテイメントブースでの試遊などに分かれていますので、自分がプレイしたい列に並ぶ必要があります。絶対にモンハンP3を遊んで帰るんだ! と思っている方は、是非お確かめください。

【関連サイト】
整理券配布所の利用方法について|来場者の方へ|東京ゲームショウ2010

というわけで、今回は東京ゲームショウのお話です。モンハンP3以外にも注目タイトルはいっぱいございます。もちろん、もうお目当てのゲームがたくさんある方はいいんですが、どれを遊ぼう、と思っている方もいらっしゃると思うんですね。そんなかたに、迷ったらこれを、というタイトルをいくつかご紹介してみたいと思います。

体全身で遊ぶ魅力を知りたいならKinectアドベンチャー!

キネクトアドベンチャー!の図
キネクトはそれなりに広い場所がないと試遊台を置くのも大変ですから、お店でも試遊できないケースが多いでしょう。ですから、ぜひゲームショウようなイベントこそ、遊んでおきたいですね。
まず最初にオススメするのは、Xbox 360のKinectアドベンチャー!です。コントローラーを使わずにゲームを遊ぶことができるXbox 360の新システム、2010年11月20日に発売がきまったKinectに同梱されるタイトルです。手を使わずに遊ぶと言っても、どんな感覚だろう、と思う人は多いと思うんですね。そこで、Kinectの面白さ、楽しさが1番分かりやすいタイトルの1つがこのKinectアドベンチャー!というわけです。

【関連記事】
Kinectが売れるために必要な3つのこと(AllAboutゲーム業界ニュース)

Kinectの魅力は、全身で遊べるゲームです。手だけのジェスチャーで操作をするゲームなら、Wiiでも楽しめるかもしれません。しかし、このKinectアドベンチャーは急流下りをするボートの上で体を傾けたり、ジャンプしたり、あるいはレールに沿って進むカートの上で障害物をしゃがんで避けたり、横に飛び跳ねたり、Kinectならではのダイナミックな遊びが楽しめます。また、2人プレイだと楽しさ倍増。友達同士でプレイしている様子がKinectのカメラで撮影される、なんて機能もありますから、必死にジャンプした場面がでてきたりすると、思わず笑ってしまいます。

Kinect用タイトルは多数が出展されますが、まず、Kinectを生かしたゲームを試してみたいと思う方は、Kinectアドベンチャー!がオススメです。

次は、PlayStation3Moveモーションコントローラー(以下PSムーブ)対応のオススメタイトルや、その他ガイド一押しのゲームをご紹介したいと思います。