台湾土産の大本命! パイナップルケーキ(鳳梨酥)

allabout taipei

昔から現在まで台湾みやげで大人気

台湾みやげと言えば、パイナップルケーキ! でも街中にたくさんあって、どれを選んだらいいか迷います。そこでおすすめパイナップルケーキの店をご紹介します。

パイナップルケーキってどんなお菓子?

allabout taipei

左は昔ながらの形で、真ん中と右は最近流行りの形

台湾で定番のお土産と言えば、パイナップルケーキ。じつはこのパイナップルケーキには、大きく分けて2パターンあります。

  1. パイナップルジャムと冬瓜ジャムを合わせたパイナップル餡を使用したもの。甘さ控えめな餡をクッキーのような生地で包み、四角い型に押し込んでオーブンで焼いたもの。昔からあるのはこのタイプ。
  2. パイナップルジャムを100パーセントパイナップルを使用したもの。パイナップルの繊維感や、わずかに感じる酸っぱさを楽しむ。

パイナップルケーキは中国語で「鳳梨酥」。「土鳳梨」とは、台湾産のパイナップルという意味です。

お土産で気になる賞味期限(日持ち)や崩れやすさは?

パイナップルケーキは焼き菓子なので常温での持ち運びはOK。しかし、常温とは基本25度程度なので気温が30度を超える夏などは注意が必要です。気温に応じて保冷材などを利用しましょう。また、賞味期限の平均は20日間ほど。お土産にする場合も帰国後に余裕をもって渡せそうです。崩れやすいので、持ち帰るときは気をつけて。日本に持ち帰るなら箱単位で買うことをおすすめします。

また、人によっては気になるカロリー。もちろん製品によって違いますが、パイナップルケーキの平均は1gあたり約4.2キロカロリー。1個の重量が50gのものならば、だいたい210キロカロリーです。

1.微熱山丘/サニーヒルズ

allabout taipei

サニーヒルズは民生公園店に行けばまるごとひとつ試食が出来て、お茶も出してくれる

サニーヒルズのパイナップルケーキの登場は「パイナップルケーキ界に突然現れたスター(明星)」と言われるほどでした。とことんこだわりった材料やかたちは言うまでもなく、オリジナルのエコバッグがついたり、カジュアルなデザインの箱にするなどとにかく個性的。
allabout taipei

箱に余分な隙間がないので10個入りでもコンパクトにまとまるのがいい


外の皮は綺麗な角が立ち、口に入れてもぼそぼそせず滑らかな口当たりで、軽くさっくりとしています。どっしりとしたパイナップル餡は甘酸っぱくて、周りのケーキ部分との相性は抜群。ただ、餡のパイナップルっぽさや酸っぱさが、どちらかというと大人向けの味です。

サニーヒルズのパイナップルケーキは10個入り420台湾元(1540円)15個入り630台湾元(2310円)、20個入り840台湾元(3080円)。桃園空港を利用する人なら第2ターミナルの2階のショップで購入するのもいいでしょう。松山空港を利用する人なら、空港に向かう途中にタクシーで民生公園店に寄るとスムーズです。

これまではサニーヒルズの賞味期限が短いことが難点でしたが、包装技術の改良により、賞味期限が25日になりました。

詳しいサニーヒルズストーリーは>>>台湾みやげの代名詞!パイナップルケーキの大人気店 へ

<DATA>
微熱山丘 民生公園 (SunnyHills )サニーヒルズ民生公園店
住所:台北市民生東路五段36巷4弄1号1階(Googleマップ
電話:(02)2760-0508 
アクセス:MRT「松山機場」駅が一番近いですがかなり歩くので、タクシーがおすすめです。
営業時間:10:00~20:00
定休日:なし(旧正月を除く)
FB:https://www.facebook.com/SunnyHills.Taiwan/

2.オークラプレステージ台北/The Nineのパイナップルケーキ

allabout taipei

1個50台湾元(約180円)12個入り480台湾元(約1740円)


日本のオークラホテルが台湾にもあります。そこでオリジナルのパイナップルケーキを販売していて、箱や個装された包みが美しいので、大切なかたへのおみやげにと選ぶ人が増えています。

allabout taipei

個装の紙箱ぴったりにパイナップルケーキが入っています


味はパイナップル餡のフルーティーさがきわだち、ちょっと洋菓子に近い感じ。今までの冬瓜入りパイナップルケーキに慣れた人にはちょっと戸惑うかもしれませんが、絶大なファンがいるのも事実。1個から購入できるので、ぜひ食べ比べてみてください。こちらの賞味期限は20日です。

台北おみやげ記事(画像あり)にも書きましたが、ここの包みが、おみやげで買ったハンコを入れるのにジャストサイズでした。

<DATA>
大倉久和大飯店 (オークラ プレステージ台北)
住所:台北市中山區南京東路一段9號(Google マップ)
アクセス:MRT中山駅から徒歩約3分
電話:(02)2523-1111
営業時間:8:30~20:30

3.佳徳[米羔]餅/チァダーガオピン

allabout taipei 鳳梨

空港のセブンイレブンで買ったら袋もついてきました!

佳徳[米羔]餅はパイナップルケーキコンテストで優勝したお店として地元では有名なお店です。受賞したクランベリーパイナップルケーキは、クランベリーの上品な甘さと周りのクッキー部分との相性がバツグン! お店で一番人気の商品です。

支店がなくこの店でしか買えないと言うことから、昼間は長い列ができてます。しかし最近は松山空港や台北駅のセブンイレブンでパイナップルケーキだけ扱っていたり、ホテルでオーダーすると配達してくれるサービスがあるので(取り扱いホテルについては宿泊先で確認)、うまく利用すると良いでしょう。

鳳梨酥(パイナップルケーキ)が1個30台湾元(約108円)、蔓越苺鳳梨酥(クランベリーケーキ)は1個35台湾元(約126円)です。お店だと好きな組み合わせで箱詰めできますが、空港のセブンイレブンではパイナップルケーキのみの取り扱いで、6個入り239台湾元(約867円)で売られています。

パイナップルケーキの賞味期限は45日ですが、クランベリーケーキの賞味期限は15日と短めです。

<DATA>
佳徳[米羔]餅(チァダーガオピン)
住所:台北市南京東路5段88號(Googleマップ)
アクセス:MRT「南京三民」駅2番出口より徒歩2分
TEL:(02) 8787-8186
営業時間:8:00~21:30
定休日: なし

4.李製餅家/リーヂービンジャー

allabout taipei 鳳梨

紙でくるっと包んだだけの素朴さが愛おしくなるパイナップルケーキ

李製餅家は、昔ながらの紙製の包み紙が可愛いパイナップルケーキ。 ふわっと口に広がる練乳のようなクッキーの甘みが、お菓子というよりおやつと呼びたい感じなんです。

1個当たりの値段が安いので、コストパフォーマンスはダントツ! お土産に大人気です。中の餡も、昔ながらの冬瓜を混ぜ込んだパイナップル餡なので酸っぱさが控えめで、余計な甘さもなく一度に2個くらい食べられそう。その人気ゆえに、日が暮れると売り切れていることもしばしば。
allabout taipei

包みを開けると甘い香りが。本店は基隆市にあり、100年続く老舗です

バラ売りもあり、1個16台湾元(約58円)。紙が開いて崩れることがあるので、荷物の中に入れるならプラスチックの容器(お惣菜売り場でコロッケが入っていそうな容器)に入ったものを買うほうが賢明。紙箱は12個からで、12個190台湾元(約690円)、24個入り360台湾元(約1307円)など。賞味期限は、このシンプルな包装にもかかわらず20~30日と、意外に日持ちします。

帰りの飛行機で気軽に食べるなら、バラ売りを買うのもありですね。ラフに入れてくれるピンクのビニール袋が何とも可愛いです(袋は有料で1台湾元)。

<DATA>
■李製餅家(リーヂーピンジャー)
住所:台北市林森北路156号(Googleマップ)
TEL:(02)2537-2074
アクセス:MRT中山駅から徒歩約10分
営業時間:10:00頃~21:30頃(不定休)
※李製餅家は開店時間がアバウトなので、時間があまりない最終日の午前中に買いに行くのはあまりおすすめできません。

5.無嫌鳳梨酥/呉寶春(ウーパオチュン)

allabout taipei

中秋節に月餅としてパイナップルケーキを送るときに作られた特別版

台湾のおみやげ記事でもご紹介した呉寶春麺包店は、世界一のパンを作る人気ベーカリー。それならパイナップルケーキも美味しいのでは? という予想通り、知る人ぞ知る絶品パイナップルケーキ。

外側は屏東の卵黄を使っているんですが、こちらのパイナップルケーキは、この外側のケーキ部分がとにかく美味しい!こだわりの餡は厳選されたパイナップルのみを使用し、100キロのパイナップルが25キロになるまでじっくり煮詰めたというこだわりよう。

無嫌鳳梨酥という一風変わった名前がついていますが、これは創始者である呉氏のお母さんの名前(無嫌さん)からとったもの。楽観的で前向きだったお母さんをイメージして、50年代を思わせる味を再現したものです。
allabout taipei

真ん丸な形が珍しい。12個入りで420台湾元(約1525円)

パイナップルケーキのかたちが真ん丸なのが、お月様みたいで可愛いです。賞味期限は30日。

呉寶春のパイナップルケーキは日本ではまだ認知度が低いですが、私にとってはTOP3に入る美味しさ。なのでパンを買ったら、パイナップルケーキもぜひ試してみてください。

※写真は中秋節に購入したのでかわいらしいイラストの箱ですが、普段はシックなデザインです。通常の箱のデザインはこちらをご覧ください。

<DATA>
■呉寶春麥方店(ウーパオチュンベーカリー)
住所:台北市於(於は草かんむり)廠路88号誠品松於店B2(Googleマップ
アクセス:MRT「市政府駅」から徒歩約7分
TEL:(02)6636-5888 #1902
営業時間:11:00~22:00
定休日:不定休

6.港記正宗鳳梨酥/港記酥皇店(ガンジースーファンディエン)

西門町に泊まるときのおみやげならこちら

10個入り350台湾元(約1269円)日持ちは20日です


港記酥皇店は、1998年に九ふんで始まった菓子店で、今は西門町に本店があります。ある意味ちょっとベタなチャイナ柄の包装が、かえって派手でかわいい。香港やマレーシアなど海外からの観光客からも人気の店で、パイナップルケーキも数種類用意しています。

スタンダードなパイナップルケーキは、外側のクッキー部分がほろほろと崩れそうな柔らかさでサクサクしているのが特徴。香港にいた仲間が台湾に来て開いたお店だというのが、まるで香港の上品な焼き菓子のようなサクサク具合に現れている気がして、納得。パイナップル餡は冬瓜が入っているタイプで、華やかさはないのに、妙に心惹かれる味わいです。賞味期限は20日。

お店にはたくさんの試食が用意されているので、西門町に行ったら、立ち寄ってみてください。

<DATA>
港記酥皇店(ガンジースーファンディエン)
住所:台北市漢中街8号之2
アクセス:MRT西門町駅6番出口から450m
TEL:(02)2389-5587
営業時間:9:30~22:00 

7.郭元益/グオユェンイー

郭元益は1867年創業で150年続く老舗。台湾で長い間愛されている人気店です。

過去には連続6年に渡り雑誌の「中華菓子の理想ブランド」企画で1位に選ばれただけではなく、台北市が主催した「パイナップルケーキ創意大会」で3位入賞するなど、老舗ながらも新しい商品開発に積極的。

おすすめは2010年と2013年に台北パイナップルケーキ文化祭で金賞を獲った、台灣金獎鳳梨酥10個入り350台湾元(約1269円)です。現地の人にはイチゴ味も人気があります。

<DATA>
郭元益(グオユェンイー)
住所:台北市中山區中山北路二段34號(Googleマップ)
アクセス:MRT中山駅から徒歩約5分
電話:(02)2568-2136
営業時間:10:30~21:30
FB:https://www.facebook.com/KuoYuanYefoods/

8.舊振南餅店/ジゥヂェンナンビンディエン

allabout taipei

金色の箱が豪華。9個入り360台湾元(約1306円)

舊振南は1890年創業の128年続く老舗。本店は高雄にあり、台湾南部から発展してきました。ここのパイナップルケーキは柔らめ。そのためか外箱を開けると、中がひとつひとつ金色の箱におさめられています。

外側の皮部分がミルクを効かせたような味ですから、鉄観音やブラックコーヒーに合いそうです。台北SOGO忠孝店、桃園空港などで売られていて、金色のパッケージから、おめでたい日のお遣い物にするひとも多いパイナップルケーキです。また賞味期限は65日と、他より長めです。

<DATA>
舊振南餅店(ジゥヂェンナンビンディエン)
住所:台北市忠孝東路四段45號遠東SOGO忠孝店B2(Googleマップ)
アクセス:MRT忠孝復興駅徒歩1分
TEL:(02)7711-2959
営業時間: 11:00~21:30

9.【基隆】李鵠餅店(リーフービンディエン)

allabout taipei

左がパイナップルケーキ、右がイチゴケーキ

李鵠餅店は、基隆で知らない人はいない、136年続く名物お菓子屋さん。夜市が賑わう夜にはパイナップルケーキを買い求める人でものすごい混雑に! 商品が道からはみ出す様子や、ピンクの帽子をかぶった店員さんの数は、もはや基隆名物と化しています。

味は昔ながらの素朴な感じです。30日日持ちするのも嬉しいですね。地元ではイチゴ味も人気があって、半分ずつ買う人も多いんです。パイナップルケーキ好きなら、ぜひ一度足を運んでみてください。

鳳梨酥(パイナップルケーキ)1個16台湾元/10個160台湾元/20個340台湾元。イチゴケーキは1個17台湾元。

<DATA>
李鵠餅店(リーフービンディエン)
住所: 基隆市仁愛區仁三路90號(Googleマップ)
アクセス:台鉄「基隆」駅から徒歩約8分
電話 : (02)2422-3007
営業時間:9:00~21:30

いかがでしたか? パイナップルケーキとひと口に言っても、それぞれ個性がありますね。市内の路面店やデパ地下では1個から買えますので、食べくらべも楽しいですよ。

以上、パイナップルケーキのご紹介でした!

 



 
※1台湾元=3.6円で計算しています(2018.7)
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。