あらゆる土地に対応できる

現在月極駐車場として貸していて、その内の何台分かをコインパーキングとして貸したいと思っている方。そして、土地の地形が悪く、有効的にスペースを確保出来ない立地にも対応が可能となる。

一概に全部の土地に対して可能とは言い切れないが、コインパーキングの設置方法には、様々なものがありオーダーメードでの設置が可能である。

例えば、出入り口を遮断するゲート方式、各駐車スペースに料金精算機を設置する方式などがある。

また、ロードサイドの賃貸マンションの1階をコインパーキングとして運営する事も可能なる他、複合商業施設との融合や病院専用のパーキングとして機械を設置し、病院関係者には専用コインを配り、深夜には一般の方にコインパーキングとして開放する昼・夜の有効利用も可能になる。

コインパーキングのデメリット

全ての土地に対して、運営できるとは限らない

どんな業種にもいえることだが、立地によって運営できない場所も当然にある。
また、競合が激しく価格競争が激しい立地にも適さないケースも多い。

将来、相続対策を考えなくてはならない方には向いていない

・土地の固定資産税、所得税の優遇措置が無い。(稼げば稼ぐほど税金でもっていかれる)
・土地が更地の評価となるため、相続税対策にならない。

といったデメリットがあげられる。

以上のことがコインパーキング事業として抑えておかなければならない基礎的な知識だろう。

<<関連リンク>>
リンク「コインで土地活用」
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。