滞納督促はスケジュールを組んで取り組もう

家賃滞納は、早期対応がポイント


先日、私が取引しているある大家さんから、家賃滞納の相談がありました。
その相談内容は、3ヶ月も滞納している入居者への家賃回収方法についてでした。その大家さんによると、3ヶ月間滞納されるまでには、電話を数回と書面を2回出しただけとのことです。

こんな状況が続くと、大家さんは次にどのようにしたら、滞納家賃を集金できるか不安に感じられると思います。

そこで今回は、短期間で滞納家賃を集金する、督促方法についてお伝えします。
この方法を実践されることで、早期に家賃滞納を解決することが出来ます。

ある大家さんからの滞納の相談


通常滞納督促は、家賃滞納者に対して、電話、書面、訪問、あらゆる方法でコンタクトを取りますね。

しかし、電話を掛けても繋がらない。
書面を出しても、入金がない。
訪問しても、いつもいない。

あなたも、同じご経験をされたことがあるのではないでしょうか?

今回ご相談いただいた大家さんも同様でした。
私は、その相談を頂いた大家さんに、次の質問をしました。

1.入居者の勤務先に連絡をしましたか?
2.連帯保証人さんに連絡は取りましたか?
3.滞納督促文面は、配達記録郵便で送りましたか?

以上の3点を実践されると、いくら連絡をしても取れなかった、家賃滞納者から連絡が入るようになります。なぜなら働いている会社や連帯保証人まで連絡があると、勤務先の周囲の目や保証人になってもらっている方へ迷惑を掛けるからです。

滞納督促はスケジュール化しよう


既に3ヶ月もの家賃滞納がある場合には、いっぺんに家賃を支払えてもらえない事もあります。その場合は、支払い約定書等の書面を作成して、分割で支払っていただけるようにします。
○月○日に80,000円(1ヶ月の家賃に数万円上乗せ)
○月○日に80,000円
支払期日と支払い金額を明示して、入居者に署名捺印をしてもらいます。

また私は、相談を受けた大家さんに、今後は上記の3点をスケジュールに沿って督促を行ってくださいと伝えました。
例えば、

1.滞納3日目に、書面で「家賃未納のお尋ね」の書面を出します。銀行の預金残高が少なくて引き落とせなかったということも考えられます。そこで、お尋ねという形で書面を出すことがポイントです。

2.滞納7日目には、電話で家賃が遅れていることを伝えます。

3.ここまでで、入居者から何ら連絡がない場合には、連帯保証人に連絡を入れます。
連帯保証人に連絡を入れて、契約者と連絡が取れないので、連絡を取れる方法はないか?と伝えて、保証人に味方になってもらうのです。

家賃滞納のポイントは、1ヶ月以内にどれだけ入居者とコンタクトを取ることが重要です。家賃滞納者は、家賃の支払いの優先順位が低いから、滞納しているのです。そこで、家賃支払いの優先順位を上げてもらえるように、大家さん自身がスケジュールに沿って滞納督促を行う必要があります。

この大家さんは、少しでも支払いが遅れると直ぐ電話が掛かってくることを入居者に植えつけさせなければいけません。支払いの優先順位を上げることで、入居者の意識も変わり家賃滞納は減っていくでしょう。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。