突然ですが、質問です。空き巣は家のどの部分から侵入するのかご存知ですか?ひところ流行したピッキングを思い出して玄関からと想像したかもしれませんね。しかし、ピッキング被害はディンプルキーの登場などによって実はピーク時の40分の1に減少しているのです。

警視庁の調査によると、なんとアパートへ侵入されたルートの7割が窓からなのです。鍵の開錠が難しい玄関に比べると窓は数が多いだけでなく、破壊することが容易だからです。

さらに、(財)都市防犯研究センターによると家の侵入に5分以上かかると半数以上は侵入をあきらめてしまうというデータがあります。ですから、窓には破壊が難しい面格子を設置すると窓からの侵入を防ぐことができます。でも一方で、壊されやすい面格子もありますので注意が必要です。
「えっ 面格子ってそんなに種類があるの?」
実は面格子には数多くの種類があるのです。
そこで本日は、知っているようで知らない面格子(めんごうし)の様々な種類とその特徴についてご紹介します。

壊されやすい面格子とは


窓だけの状態に比べると面格子のある窓は侵入に手間がかかります。ですから、どんな面格子であっても侵入を諦めようと考えさせる効果はあります。しかし、次のような面格子の防犯性能は高くありません。
1 取付方法に工夫がなくビスが外部に露出した面格子
→ネジやボルトを回すと簡単にはずれます。
2 縦格子など接合部が少ない面格子
→バールなどの工具で容易に破壊可能です。









防犯性能の高い面格子とは


一方で、防犯建物部品として認定されている面格子は5分以上の侵入に耐えられる面格子です。
例えば次のような面格子が該当します。
1 ステンレス面格子









2 室内面格子










例えばステンレス面格子は硬い材質なので曲げたり、はずすことが困難な面格子です。価格は窓の大きさにもよりますが、1個あたり3万円~6万円程度です。
また、室内面格子は室内に面格子があるので破壊が難しい面格子です。但し、1~2万円程度の縦面格子と比べると室内面格子は高額です。1個あたり室内面格子は4万円~7万円程度です。

以上のような防犯性能の高い面格子を設置すると空き巣被害の可能性が下がります。しかし、面格子がついていても窓をあけたままだと逆にそれを狙う空き巣もいます。面格子のある窓も外出時にはしっかりと閉めるように入居者に伝えておくとよいでしょう。

アパマン経営において防犯対策の費用は若干コストがかかります。しかし、最近は物騒な事件が数多く発生していますので、入居者の安全を確保することはオーナーにとって重要な仕事です。
アパートを新築される方は面格子以外の防犯対策も取り入れて下さい。防犯対策のしっかりしたアパートなら入居者も安心して住むことができるでしょう。
(写真提供 トステム)
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。