リフォーム工事は、事前の準備の有無で快適度が大きく変わります。今回は、リフォームは引っ越しと同じ? 蚊対策、ダンボールやスリッパの準備、工事後に即やっておくべきことなど、快適リフォームのための3つの準備をご紹介します。

快適リフォーム1つめの準備
工事前にダンボール箱にまとめて片付け! カーテンは洗ってスッキリと

リフォーム工事開始前に、小物や食器はダンボール箱にまとめて他の部屋へ避難を。

リフォーム工事開始前に、小物や食器はダンボール箱にまとめて他の部屋へ避難を。

リフォーム工事が始まる前にはダンボール箱を準備し、装飾品などをまとめて片付けておきましょう。

キッチンのリフォーム中は、工事の時に出る細かいホコリが食器棚の中に入ることもあります。食器や鍋はダンボール箱へ入れ、他の部屋へ移動させておきましょう。

内装リフォーム中は、ホコリでカーテンやブラインド類が汚れやすいので、工事前に外すこと。カーテンやブラインドはこの機会に洗ってスッキリさせましょう。

リフォーム後のインテリアに合わせて新しい窓装飾にするのもオススメです。壁掛けの時計や飾り物も忘れずに外してまとめておきましょう。

 

リフォーム工事は家のダイエットのチャンス! 粗大ごみの手配も

粗大ゴミを処分する日程もリフォーム工事前に検討しておきましょう。

粗大ゴミを処分する日程もリフォーム工事前に検討しておきましょう。

工事に伴って家具を動かす場合、中身を入れたままで移動できることも多いのですが、壊れやすいもの、大切なものはまとめて他の部屋へ移動させておきましょう。

リフォームは家のダイエットのチャンスです。工事が始まる前に、収納の中に詰め込まれていたモノや、出し放しになっているモノなど、家の中にあるモノをじっくり見直してみましょう。

そしてリフォーム後の新しい暮らしに 「必要なモノ」 「不要なモノ」 に分け、要らないモノは思い切って処分! タンスなど大物を処分したい時は、リフォーム業者に捨ててもらうと産業廃棄物扱いになり費用が高くつくこともありますので、自分で粗大ごみの手配をしておくのがオススメです。

このように、リフォーム前には引っ越し並みの準備が必要になることもあります。工事が始まる前にこれらの作業期間を見ておきましょう。

 

次のページでは、工事中の蚊対策、寒さ対策、スリッパはビニール製を使う、工事後に即やっておくべきことなどをご紹介します。