建て替えのために捨てることになる費用とは?

1,000万円を捨てて建て替えるか?2,000万円を払って乗り気でないリフォームをするか?などという選択肢では、家作りへの情熱も冷めてしまう。
費用は両世帯で負担ということで建て替えの話を持ちかけたのだが、親2人はもったいないと大反対。

と言うのも、二世帯同居を始めた10年ほど前に、2F部分を一部増築、その際に、腐っていた屋根下地や小屋組を全て新しくし、屋根も葺き替えていた。

また数年前、父親が腰を痛めたのをキッカケに、浴室に浄化システム付き温泉装置を付け、豪華な天然石貼りに、そして洗面所 ・ トイレはバリアフリーの最新型にするなど、水回りのリフォームを行なっていた。

それらの費用は10年間で合計1,200万円ほど。建て替えるとなると、できるだけ再利用するにしても、1,000万円分程度は解体することになる。

Aさん自身も次第に、これだけのものを10年も使っていないようでは、元が取れていない、もったいないと思うようになり、まるで1,000万円を捨てるような気分に。新しい家作りへの情熱も冷めてしまった。

かと言って、この家に2,000万円も掛けてリフォームする気にもなれず、どちらも選べない状況になってしまった。結局は、未だに子供部屋も書斎も作れず、家族間に不満が出始め、建て替えかリフォームかを巡って、両親との関係もギクシャクしてしまった。

- P3 -