3位:近くに大きな病院があるところに住むメリット

これは老後といわず、家を探す人みんなの重視ポイントでしょう。とはいえ、都会に住んでいると、意外とこの大切さを感じないまま過ごしているかもしれません。総合病院も歯医者も、町医者も、あちこちにあって、いろいろ選べるのが当たり前になっていますから。

でも田舎暮らしに憧れて、山や海辺に住みはじめるとなると、病院がどこにあるかは重要です。

以前、私の家族が長野にスキーに行ったとき、小さかった娘がリフトから降りる際、目の近くをスキー板でぶつけて大騒ぎになりました。念のために病院に行ったのですが、スキー場から延々30kmはありましたから、これは大変だと思いました。

また、私が取材したある別荘地でも、週末に遊びに来ていた家族の子供が深夜に発熱。どこの病院に電話をすればいいかわからず、管理事務所に電話をして、救急病院を手配してもらったという話もあります。

さらに最近のニュースでは、サッカーの日本代表オシム監督が千葉の自宅で倒れ、救急車の呼び方がわからず1時間以上かかったという話でした。

大切なのは「医・食・住」です。老後の移住では、通える範囲にどんな病院があるか、緊急の場合はどうすればいいのか、事前にしっかり調べておきましょう。
次のページでは老後の移住についての大切にしたいポイントです。