分譲マンションのモデルルームを訪れると、賃貸にはないグレードの良さを感じます。最新の設備を揃え、質のよい暮らしを実現できるような仕様になっていて、誰でも「ああ、賃貸じゃなくってやっぱり分譲マンションに住みたいなあ」という気持ちになってしまうものですね。
悔しいけれど、一般的には賃貸マンションより分譲マンションのほうが設備・仕様がいいと言えます。分譲マンション業者は、高額商品であるマンションが売れなければ倒産してしまいますから、必死にいいプラン、いい設備を考えて商品にしてくるのです。

「でも、賃貸でも『分譲仕様』って書いてある物件もあるけど、そういう物件を借りればいいんじゃないの?」
そう思ったアナタは鋭い!賃貸物件の中には、分譲マンションを買ったけれど、なんらかの理由(例えば転勤など)で住めなくなったから人に貸したい、といって賃貸市場に出回る物件があります。そういった設備仕様のよいマンションを借りて、快適な賃貸生活をするのが一番賢い住み方かもしれません。
なぜなら、最近は超人気の分譲マンションも賃貸として出まわっているんです!しかも新築で!
その種明かしと、借りるヒントを伝授しましょう!

1) 超人気で即日完売した新築分譲マンションを借りる!

購入倍率が10倍を超えるような超人気の分譲マンション。例えば、三井不動産の「青山パークタワー」は、昨年分譲して即日完売。今年の5月に完成しました。
さて、と、ふたを開けて見ると、総戸数327戸のうち、購入者の事情で自分で住まずに最初から賃貸に出たものが1割程度ありました。7月初旬現在でも10部屋が募集中。超人気で即日完売した新築分譲マンションでも、新築賃貸マンションとして住めるわけです。

「青山パークタワー」の設備仕様

まるでホテルのようなエントランスロビー


解放感あふれるリビング

  
くつろぎの浴室   IHクッキングヒーター仕様のキッチン  


最近の分譲マンションは高層のタワー型が多く、タワー型だと1棟あたり総戸数は、100~300戸になります。そのうち、購入者の事情で賃貸に出るケースが一般的には、1割程度あると言われています。ということは、約10~30戸が賃貸マンションとして出てくる計算になるのです。
30戸といえば、ちょっとした規模の賃貸マンション1棟分くらいの戸数はあります。考え方によっては、「分譲仕様の賃貸マンションが1棟できた!」ということになるのです。

同じように、東京・汐留で分譲され、やはり即日完売した人気分譲マンション「東京ツインパークス」(2002年10月完成)も、何戸か賃貸市場に出てきて、人気を呼びました。

どこに頼めば借りられるか?

とはいえ、分譲されたマンションが賃貸に出るかどうかを知るには、また借りるにはどうすればいいのでしょうか?
答えは分譲マンションの購入者が、賃貸を決意した場合に依頼する会社に聞けば分かります。つまり、分譲マンションを分譲した会社が賃貸を扱っていればその会社ですし、関連会社に賃貸を任せているのならその会社に聞いてみれば、賃貸に出るかどうかが分かるのです。
もし、それが分からなければ、分譲した会社に直接電話して聞けば、きっと賃貸の窓口を教えてくれるはず。

「これだ!」と思う分譲マンションがあり、でも購入するのはちょっと…と思う方なら、ぜひ一度問い合わせてみてはいかがでしょうか。分譲時の抽選にもれても、実は住めるかもしれませんよ。