入居審査のコツ
  • 最初の不動産会社訪問から入居審査は始まっている
  • 書類審査にウソは絶対タブー
  • 収入は低くても安定していればなんとかなる
  • しっかりした連帯保証人が審査パスの近道
賃貸物件の契約時に行われる入居審査。その裏側をみていきます!
 

入居審査とは?

 
書類
入居審査は契約前に行われるもの。これにパスしないと部屋が借りられない

入居審査とは、入居をしてもいいかどうかを大家さんや不動産会社が審査するもの。気に入った部屋が見つかり、申し込みをした後に行われる入居審査をパスすれば、晴れて契約となり、その部屋に住めるようになります。そのため、入居審査にパスしなければ、部屋を借りることができません。
 

入居審査で大事なのは収入と保証人


あなたはクレジットカードをつくった経験がありますか?私は、過去に書類に必要事項を記入したあと、自宅や勤務先にまで電話がかかってきて、詳しく自分の年齢や勤務先、勤務年数、住所、年収などをこまかく聞かれ、ここまで個人情報が知られてしまうのかと少し怖い思いをしたことがあります。
賃貸物件を借りる場合も、クレジットカードと同様に毎月お金(家賃)を払わなければいけませんから、それなりに審査が厳しくなるのは当然といえば、当然のことですね。

氏名、住所、年齢、電話番号、勤務先など基本的な個人情報に間違いがないかどうかというのはもちろんですが、入居審査で大切なのは収入保証人です。
 

審査される収入の審査基準は?


大家さんにとって部屋を貸した人がきちんと家賃を払ってくれるかどうかは大きな問題です。そこで気になるのが入居者の支払い能力のこと。そのために勤務先、職業、年収などが審査されます。
勤務先や職業に貴賎はありませんが、賃貸においてやはり不利なのは安定した収入が得られないと見込まれるフリーターや派遣社員、フリーで仕事をしている人など。また、ちょっといかがわしい職業も敬遠されます。
年収は高いに越したことはありませんが、継続的にその収入があるかどうかを、大家さんは気にします。
 
探偵
入居審査時の書類の記入は正確に。ここで見栄を張ってウソをついてもなんの得にもならない

また、申し込み書類に記入した勤務先や自宅の電話番号に間違いがないかどうか、実際に不動産会社が電話して確認することもよくあります。もし、ここで記入内容にウソがあると発覚すると間違いなく入居審査で落とされますので要注意を。
収入が低かったり、フリーターだったりと堅い職業に就いていない人は、自分がきちんと家賃を滞りなく支払っていけることをしっかりアピールする必要があるでしょう。しっかりとした連帯保証人を立てることも、入居審査を通りやすくする方法です。
 

保証人のチェックはどう行われる?

 
両親
連帯保証人としてもっともふさわしいのは経済力のある両親。次に兄弟や収入のある祖父母となる

もうひとつ審査をクリアするために必要なのが保証人です。賃貸借契約を交わすためには必ず通らなければならない関門です。賃貸の保証人はただの保証人ではなく、連帯保証人です。万が一、入居者に何かあった場合には、有無を言わずに身代わりになって家賃を支払わなければならない、という責任を負うため、それなりの人でなければ連帯保証人になることはできません。

このような性質があるため、基本的に連帯保証人に適しているのは、両親です。もし両親がすでに亡くなっていたり、定年後で年金暮らしをしていたりと収入があまりない場合には、経済力のある兄弟が連帯保証人として適します。昔は、会社の上司や友人に保証人になってもらうこともありましたが、最近では大家さんや不動産会社が嫌がるため、ほとんど認められていません。
もし兄弟もなく、連帯保証人を頼める人がいない場合には、UR賃貸など保証人不要の物件を探すか、連帯保証人不要の制度を利用することになります。これらの場合、借りられる部屋が制限されてしまいがちなので、「どうしてもこの部屋が借りたい!」という場合は、たとえ仲違いしていたとしても、両親・兄弟を説得するのが得策です。
 

入居審査をパスするコツ=第一印象も大切!


年収もバッチリ、連帯保証人もバッチリだったら、どんな人でも入居審査をパスできるでしょうか?実はここに落とし穴があります!
入居審査は部屋を貸す大家さんが行っていると思われていますが、実際はまず不動産会社が行っていることも多く、大家さんから不動産会社が意見を求められることも多いのです。そのため「こんにちは~」とあなたが不動産会社のドアを開けたとたんに、審査はスタートしているとも言えるのです!

ドアを開けるなり、だらしない格好で入り、客だからという横柄な態度で「いい部屋ある?安くしてよ~」とゴリ押しばかりすれば、不動産会社の担当者も「こいつ、嫌なやつだな」と思うかもしれません。「誰にどう思われてもいい」と普段はのん気に構えているかもしれませんが、このときばかりは損です。担当者が悪印象を持てば、大家さんにもその情報が伝わり、「この人に部屋を貸したら、なにかトラブルを起こすかもしれない。部屋を貸すのはやめよう」と判断されてしまうかもしれません。

入居審査は、初めて不動産会社を訪れるときから始まっていると思うべし!これが意外と入居審査をパスする秘策かもしれませんよ!
 

入居審査に必要なものは?


入居審査のために必要なものは不動産会社によって異なりますが、だいたい以下にようになります。
  1. 源泉徴収票など入居者本人の収入証明
  2. 入居者本人の印鑑証明
  3. 源泉徴収票など連帯保証人の収入証明
  4. 連帯保証人の印鑑証明
  5. 連帯保証人の同意書
など。
これらの書類は必ず必要というわけではありません。審査の後、契約の時までに必要なものもありますし、最後まで必要ないものもあるかもしれません。必ず不動産会社で確認をしましょう。

【関連記事】
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。