最近はリタイヤした後の永住地としても人気急上昇のオーストラリア。その魅力は広大な自然に囲まれ、ゆったりとした時間がすごせるところにあるのかもしれません。
そんな魅力いっぱいのオーストラリアに海外赴任することになったら?
「憧れの海外生活が送れるわ!」との喜び半面、「英語も話せないし、住むところもどうしたらいいの?」と不安もいっぱいになるでしょう。
今回は、オーストラリアでの賃貸生活の事情を探ってみました。

一般賃貸の探し方


新聞
新聞の賃貸情報やシェア情報などをこまめにチェックしましょう

渡豪したからといってすぐに家を購入する人はたぶんいないでしょう。たいていは賃貸物件を探すことになります。
日本と同様に、賃貸情報は不動産会社で探すか、または新聞の広告やショッピングセンターなどに置いてあるフリーペーパーに掲載されます。日本のように細かい情報までは掲載されていないことが多いようですが、家の種類や家賃、間取りなどが載っているので、地域を限定しての部屋捜しには便利。

不動産会社は、現地の人が経営するケースと日系の不動産屋のケースがありますが、語学に自信がない人は後者を訪れたほうが無難。でも、現地の不動産会社の中にはそのエリアに強い会社があるので、英語に自信があり度胸のある人は直接不動産会社を訪問するのがいいでしょう。

また、住みたいエリアを散策してみて、「TO LET」または、「FOR LEASE」という看板を見かけたら、それは「貸家あります」の広告。気になる物件ならば、連絡先を書き留めて早速アプローチ!

単身で海外へ行くならフラット以外の住まいもある。それが「シェア」


大企業からの派遣で海外赴任する場合には、現地でのコーディネーターがしっかりしているでしょうから、あまり住むところについては困らないかもしれません。でも、海外留学や長期の出張、また小企業からの海外赴任となると、現地で住む部屋を自分で調達しなければならないこともあるでしょう。

学生やワーキングホリデーメーカー(ワーキングホリデーという海外での労働許可が下りているビザを持っている人のこと)、また単身で海外赴任する場合には滞在費を安く浮かせるためにも「シェア」をする人が多いよう。日本ではあまり馴染みがありませんが、オーストラリアではシェアは一般的。シェア物件のメリットは、契約期間や家賃などはシェアメイトと相談して決められるという点。面倒な契約を作成したり、手続きを行う必要がありません。でも、シェアメイトとの間で『共用部分の使い方』や『電気代、電話代の負担』など細かい取り決めをしておくことがトラブルを避けるコツ。そうじ当番やキッチンの使い方、食事のことなど、とにかく細かいことまで決めておいたほうがいいでしょう。

シェア物件を探すには、新聞広告の「Share Accomodation」というところを探すか、大学や語学学校などにある掲示板をチェックするといいでしょう。ちなみに、シェアメイトは1人ではなく2~3人ということもありますよ!