トラブルを解消するためには?


トラブルは、起こってしまってから対処するより起こらないように未然に防ぐほうが労力はかかりません。
そのためには、やはり「あいさつ」をすることをオススメします。All About「引越し」サイトの森さんもおっしゃっているように、引っ越したらあいさつをするという習慣は、ほんの数十年前までは当たり前のこととして誰もが行っていた慣習なのに、いつの間にかやらなくなってしまったものです。
タオル
あいさつには高価なものを用意する必要はありません。お菓子などの食べ物か、タオル、洗剤などの日用品が喜ばれます

でも、あいさつをすると「隣がどんな人なのか分かってよかった」という声が聞かれます。もし、自分の隣に誰かが引っ越してきたとき、どんな人なのか分からないより分かっているほうが安心しませんか?面倒かもしれませんが、500円程度の洗剤やせっけんなどの日用品か、クッキー、せんべいなどのお菓子を持って、「隣に越してきましたので、よろしくお願いします。」とあいさつしておきましょう。

この一言があるおかげで、隣の住人の顔が分かります。そして、その後出会ったときにも「こんにちは」くらいのあいさつをすれば、どんな様子の家庭なのかお互いに分かり、それだけでなぜが騒音トラブルは減るのです。

それはなぜか?そこには「人」がいるから。いくら希薄になったと言われている人間関係でも、あいさつくらいはしても害はなく、むしろよいのではないでしょうか?

<関連サイト>
・引越しのあいさつ、どうしてる?
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。