家賃を安くするのは難しい


現実から考えると、家賃を安くするのは難しいと思われます。というのは、今回のAさんのトラブルは故障があった箇所を施工業者が直すことで対応するのが一般的だからなのです。

新築
新築だからといって完璧なわけではない。そう思っていたほうがいい

大家さんの持ち物を借りている入居者は、あくまでもその借りるための費用を「家賃」として支払っています。ですから、建物に故障や破損があった場合には、基本的には大家さんの持ち物なのですから、大家さんが修理することになります。今回のように、新築の場合には大家さんが施工業者に連絡をすれば施工業者の費用負担で修理されるでしょうし、築何年も経っていて経年変化によって破損してしまった場合には、大家さんの負担で修理することになるでしょう。

修理する間、もし一時的に部屋を退去しなければならなかったり、その部屋で仕事をしていたのに一時中断しなければならずに収入が途絶えてしまった場合などは、それを補てんする費用を相手に請求することはできると思います。でも、その部屋の家賃というのは、あくまでもその部屋を借りるために毎月いくらと設定されて契約するものなので、不具合があったからといって、毎月の家賃を下げてもらうのは難しいでしょう。

今回のように、新築の場合は建物の不具合があれば大家さんと施工業者のやりとりになりますが、家賃を下げるかどうかは大家さんと入居者の関係になります。誰の所有物が誰に原因があってトラブルになっているのかを考えると、家賃を下げてもらうようにお願いできるかどうかが判断できると思いますよ。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。