「六本木で10万円のワンルームに住みたいな。できれば、夜景がきれいに見える高層マンションの上のほうで、広さは30平米。それから、セキュリティがしっかりしていて・・・」部屋探しをしているときは、夢は膨らむもの。素敵な物件を見れば見るほど、憧れるでしょう。

でも、希望家賃以内であれもこれも・・・と希望が叶う物件に巡り合えることはまずありません。かといって、かっこいい部屋に住みたいからと背伸びをして高い家賃の部屋を借りるのは、この時勢では避けたいもの。
それなら、「あれもこれも」と欲張らず、優先順位を付ける作業をしてみましょう。

※家賃について、参考になる記事はこちら→「家賃は、『無理なく払える』金額にするのがコツ」

「家賃」「エリア」、その次の希望条件は何?


不動産ポータルサイト「HOME’S」が行った調査によると、家賃、間取り以外で重視していることのランキングは次のよう。

※調査の内容:「2008年度フレッシャーズの新生活と住まいに関する実態調査」(2008年4月から社会人生活を始める人を対象。有効回答数266)

設備全体%男性%女性%
1位独立バス・トイレ・洗面57.660.656.5
2位エアコン(備付け)41.647.039.8
3位二階以上39.312.148.7
4位室内洗濯機置き場35.028.837.2
5位収納スペース20.610.624.1
6位フローリング17.915.218.8
7位二口以上のガスコンロ17.17.620.4
8位オートロック15.66.118.8
9位バルコニー・ベランダ12.510.613.1
10位 高速インターネット回線12.522.78.9
11位南向き11.712.111.5
12位建物構造が鉄筋・鉄骨11.716.79.9
13位築浅、または新築8.69.18.4
14位追い炊き可能バス2.70.03.7
15位インターネット接続料込み2.77.61.0



新社会人になる世代にとって、家賃やエリア以外に優先順位が高いのは、バス・トイレ別やエアコンなど。男女別に見てみると、男性では高速インターネット回線などのネット環境、女性は二階以上のなどセキュリティを重視しているよう。全般的に見て、女性のほうが住まい設備へのニーズは高いようです。

どんな内容を優先するかはそれぞれの価値観によって異なりますが、自分が希望する条件の優先順位を決めておくことはとても重要です。

>>>希望条件を書き出してみましょう!