不動産会社で対応するときのポイント


不動産会社を訪問すると、家賃の上限額よりちょっといい部屋を勧められるケースもあります。

例えば、予算は6万円だと伝えると、

「そうですね。予算6万円だとこの程度の部屋になりますが、あと1万円出していただけるなら、こっちの条件のいい部屋もありますよ」

と予算より上の部屋を紹介してくれます。もちろん、6万円の部屋と7万円の部屋なら、7万円の方が条件のいい部屋であることは当然のこと。駅から徒歩時間が短かったり、部屋が広かったり…。

そんなとき、

「部屋はそれほど広くなくてもいいから、6万円までの部屋に住みたい。でも、駅からの徒歩時間は短い方がいい」など希望条件の取捨選択をするためにも、あらかじめ自分の中で希望条件を整理し、優先順位を付けておくことが大切なのです。

不動産会社に問い合わせる前に、一度、自分の考えを整理してみてくださいね。

それでも、希望条件の優先順位をどうやって付けたらいいか、迷ってしまう人はこちら→「希望条件は、生活イメージで順位を付ける」

【関連サイト】
・希望条件は、生活イメージで順位を付ける

好評連載中!はじめての部屋探しHOW TO
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。