ストリートマーケット天国! 旺角(モンコック)

人が多いので連れの人とはぐれないように

数が多いほど値引きしてくれる

旺角(モンコック)一帯はストリートマーケット天国。かばんやアクセサリーをはじめ、花、金魚、スポーツ用品、台所用品など何でもマーケットで、しかもお手頃価格で揃ってしまいます。同じようなお店が並んでいるので、値段を比べてから購入するのがいいですね。隣のお店ではいくらで売ってた、と言ったら少しは安くなるかも。

香港観光の代名詞! 女人街

女人街とは名前だけ、男性が行っても問題ない

いるだけでパワーアップしそうな活気のある女人街

緑やオレンジの派手な看板、その下で繰り広げられるお店の人と観光客のやりとり……。これぞ「エネルギッシュな香港」という光景が広がる女人街。香港旅行でここに立ち寄らないという人はあまりいない、というくらいの観光名所と化しているマーケットです。

衣類、カバン、アクセサリー、DVDなど女性が好きそうものを売る店が並んでいます。セクシー下着や笑えるパンツなんかもあったり。この人たちはどこから来て、どこに行くのだろうかと思わずにはいられないほど、とにかく人が多い! なので貴重品の管理には十分気をつけてくださいね。特に欲しいものがなくても、この雰囲気を体験できれば「来た甲斐があった!」と思えるはず。

女人街で知られているこの道の正式名は通菜街。女人街という道はないのでご注意を。これに並行する1本隣の道には、NikeやReebokなどのスポーツ用品の店が並んでいて、こちらの賑やかさも負けていません。

<DATA>
■女人街
アクセス:MTR旺角(モンコック)E2出口
営業時間:15:00~23:00ごろまで

 

台所アイテムが何でも揃う! 上海街

レンゲやカップなど持って帰れそうなサイズのものもあり

機内持ち込み荷物は重量制限があるのでお皿の重さ気をつけて

台所用品が何でも揃ってしまう通り。シンプルだけどお洒落な四角いお皿など信じられないくらい安く手に入ります。実用的なものから、部屋のインテリアとして使いたいものまで様々。ガイドのおすすめは20香港ドル以下で買えるセイロ。でもお料理用ではなく、包装用に使っています。これにプレゼントを入れて贈ると、すっごく喜ばれるんです! 小物入れなどにも使えますね。

<DATA>
■上海街
アクセス:MTR油麻地B2出口、徒歩2分
営業時間:10:00~20:00ごろ

 

お土産にもつかえる、ジェイドマーケット

カバーがあるので雨天でも大丈夫

干支のストラップなど喜ばれるかも

香港人は(特に年配の)翡翠が大好き。どのおばあさんも必ずグッドラックの翡翠のバングルかネックレスをしています。一言で翡翠といっても値段はピンからキリまで。翡翠の見方がわからない人は、10香港ドルくらいの携帯ストラップや全部15香港ドルと書いてあるごちゃごちゃになった箱から気に入った指輪やペンダントヘッドを買うくらいの方が無難です。ピンクは恋愛にいいと言われているので婚活中のお友達のお土産にも。

<DATA>
■玉器市場
アクセス:MTR油麻地(ヤウマテイ)C出口、徒歩10分
営業時間:9:00~18:00ごろ

 

見ているだけでも面白い、フラワーマーケット

豪華なカサブランカなど見ているだけでもウットリ

造花やクリスマスオーナメントを売っているところもある

生花は日本に持って帰れないのでおみやげにはなりませんが、時間があったらぜひ行ってみてください。見事な蘭は見ているだけで幸せな気持ちにしてくれます。クリスマスシーズンなどはリースや飾りものを売っているお店もあります。マーケットの終わりには、籠に入った自分のペットである鳥を飼い主が見せびらかすバードガーデンが。鳥を見るよりも、その鳥に愛情を注ぐ飼い主のおじさまを見る……ピープルウォッチングもおもしろい。

<DATA>
■Flower Market
アクセス:MTR油麻地(ヤウマテイ)C出口、徒歩10分
営業時間:9:00~18:00ごろ
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。