介護用品探しの第一歩は、必要アイテムの把握から

介護状況を整理することで、必要な介護用品を絞り込むことができます

介護状況を整理することで、必要な介護用品を絞り込むことができます

介護用品や福祉用具と一言で言っても、大人用おむつから、車椅子、電動ベッドまで幅広いカテゴリーがあります。また、それぞれのカテゴリーごとにも多様な商品が揃っているため、何の知識もなく探し始めると必要な商品や買う上での決め手がわからず、無駄な時間をかけてしまいがち。

まずは現在の介護されている人の状況を、歩行可能な状態から寝たきりの状態までに分類して整理し、今必要なものを洗い出すことから始めましょう。

■ 介護を受ける人が自力で歩行できる場合
介護を必要とする人が1人で外出できることが目安となります。日頃の行動に大きな不自由はないかもしれませんが、転倒などを予防するという観点で介護用品を選びましょう。

  • ベッド……通常の布団やベッド
  • トイレ……通常のトイレ(和式の場合は洋式に変更するか補高便座を使用)
  • 移動……高齢者向けの靴(マジックテープなどで脱ぎ履きがラクなもの)、ステッキタイプの杖、シルバーカー
  • 入浴……踏み台、手すり、シャワーチェア、すべり止めマット

■介護を受ける人の歩行に少し不安がある場合
外出の際には付き添いなどが必要だが、屋内ではほぼ自立した生活ができる方の場合、なるべく自力で生活することのサポートを中心とした介護用品を選びましょう。

  • ベッド……通常のベッド(起き上がるときなどに負担をかけないよう、布団の場合はベッドに変更)
  • トイレ……通常のトイレ(和式の場合は洋式に変更するか補高便座を使用)、手すり
  • 移動……高齢者向けの靴(マジックテープなどで脱ぎ履きがラクなもの)、転びにくいようステッキタイプ以外の杖(四点杖など)、歩行器、車いす
  • 入浴……踏み台、手すり、シャワーチェア、すべり止めマット、バスボード

■介護される人がほとんど歩行できない場合
座った姿勢は保てるものの屋内での移動にも介助が必要な方の場合、寝たきりになることを防ぐ介護用品を選びましょう。

  • ベッド……電動ベッド、床ずれ防止用具
  • トイレ……補高便座、ポータブルトイレ
  • 移動……歩行器、車いす
  • 入浴……バスリフト、シャワーチェア、すべり止めマット

■介護される人が寝たきりの方の場合
日常生活全般に介助が必要な場合は、介護する側の負担を減らすことを考えた介護用品を選びましょう。自力で寝返りが打てない方の場合は、床ずれと呼ばれる「じょくそう」を予防するアイテムも必要。

  • ベッド……電動ベッド、床ずれ防止用具
  • トイレ……尿器、差し込み便器
  • 移動……車いす
  • 入浴……清拭タオル、清拭料、ドライシャンプー

それぞれの介護用品を選ぶポイントは

それぞれの介護用品を選ぶときのポイントについては、以下の記事で詳しくまとめています。

経済的負担を減らす介護保険制度の活用法

介護保険の要介護認定を受けている場合、介護用品によっては1割負担でレンタルや購入ができるものがあります。それぞれの利用法については以下の記事で詳しくまとめています。

また要介護認定で「非該当(自立)」と判定されてても、介護用品を賢く利用する方法もあるので、要介護認定ではないからといって諦めることはありません。
 

ガイドおすすめの介護用品サイト

介護用品を紹介しているWebサイトは多々ありますが、ここではそれぞれ明確な特長を持ったものをピックアップしてご紹介します。

■情報収集に使えるサイト
財団法人テクノエイド協会……選び方・使い方情報のメニュー
財団法人テクノエイド協会が運営。「おむつ」「歩行器」など、各商品についての概要や選び方、使い方のポイントが紹介されています。

介護用品ポータルサイトC@re(アットケア
カテゴリーごとに商品を検索できるほか、各メーカーのカタログをPDFで閲覧することも可能。

■介護用品の購入ができるサイト
介護用品販売とっぷりさいくるモール
中古の介護用ベッドや車いす、歩行器などの販売や買取を行っています。

Amazon.co.jp: 介護ストア
6千点以上の介護用品を販売。介護についての本やDVDも豊富。

介護用品・福祉用具の格安販売~親ケア特選ショッピング
ガイドが運営。1万7千点以上の介護用品を「食べる」「お風呂」「寝る」「着る」など、行動別のカテゴリーで整理しています。



【編集部おすすめの購入サイト】

楽天市場で介護用品を見る

Amazonで介護用品を見る

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項