まずは本当に車いすが必要か確認を

安易に車いすを使うと、歩く力が衰えてしまう恐れもあります

安易に車いすを使うと、歩く力が衰えてしまう恐れもあります

歩く力が衰えた方にとって、車いすは脚代わりとしてとても便利なもの。その反面、まだ歩く力があるうちから車いすに頼り切ってしまうと結果的に歩く力が早く衰えてしまうということにもなりかねません。

まずは歩行補助杖やシルバーカー、歩行器の利用を検討して、それでもどうしても車いすが必要だと思われるときに利用することをオススメします。

歩行補助杖、シルバーカー、歩行器の選び方については、それぞれ「歩行補助杖の選び方」「シルバーカー・歩行器の選び方」をご覧ください。
 

車いすの種類は大きく2種類

車いすの種類は、要介護者自身が車いすを動かす「自走式」と、付き添いの介護者が動かす「介助式」の2種類に分けることができ、それぞれに豊富なバリエーションがあります。まずは、要介護者が自分で車いすを動かすかどうかを決めましょう。

■ 自走式要介護者が自分で車いすを動かす
 

本人が車いすを操作できる場合は、自走式を選ぶ

本人が車いすを操作できる場合は、自走式を選ぶ(画像をクリックすると拡大します)


■ 介助式~付き添いの介護者が車いすを動かす

介護者だけが車いすを操作する場合は、介助式を選びましょう    

介護者だけが車いすを操作する場合は、介助式を選ぶ(画像をクリックすると拡大します)

 


 

 

自走式車いすは低床タイプがオススメ

自走式の車いすを選ぶ際は、車輪を手で動かすのではなく足で床を蹴りながら移動する「足こぎ」がしやすい低床タイプのものがオススメ。キャスター付きの事務イスなどを使っている人には理解しやすいと思いますが、ほんの少しの移動には手ではなく足を使った方がラクな場合が多いものです。

電動車いすは、手で車輪を動かす代わりに、操作部のパネルを使って動かすタイプの車いす。電動カートは、遠くへの外出時などに便利な簡単操作の四輪車です。道路交通法上は歩行車として扱われるため、免許は必要ありません。

電動車いす、電動カートともに非常に便利ですが、かなり大型で重いため、要介護者の身近に充電や整備などをサポートする人がいないと、実際に使いこなすことは困難です。
 

介助式車いすは利用する時間の長さで選ぶ

介助式の車いすを選ぶ際は、どれぐらいの時間利用するかで選ぶと良いでしょう。

例えば、外出や旅行の際に一時的に使用する場合は、折りたたみできる軽量・コンパクトなもの(製品例)、起きている時間の大半を車いすで過ごす方の場合は、座った姿勢をラクに維持することができる高機能なもの(製品例)がオススメです。

なかには、電動の補助システムを内蔵して、坂道などでも介護者の負担を減らすようなものもあるので、力の弱い方が介護をするときには利用を検討してみましょう。
 

身体に合った車いすを選ぶためのポイント

車いすのタイプが決まったら、次はサイズ選びになります。
多くの車いすは、体の大きさに合わせて38cm、40cm、42cmと3種類の座幅が選べるようになっています。体格に合わせて適当なものを選びましょう。

身体に合った車いすを選ぶときのポイントは、次の図の通りです。

実際に試乗して、身体に合った車いすを選びましょう     

実際に試乗して、身体に合った車いすを選びましょう(画像をクリックすると拡大します)


 

自分の身体に合った車いすでないと不自然な姿勢になりがちで、長く使ううちに身体が痛むようなことにもなりかねません。実際に介護ショップなどに足を運んでしっかり試乗することをオススメします。
 

最後に車いすの付属品を選ぶ

車いすのサイズを決めたら、最後は付属品選びです。テーブルや杖入れ、安全ベルトなど、さまざまな種類の付属品がありますが特にオススメなのがクッション。

長時間、車いすに座っているとお尻や腰にじょくそう(床ずれのような症状)ができることが多いのですが、体圧分散型のクッションでその心配がかなり減らすことができます。また、しっかりと座った姿勢を維持できない方の場合は、背もたれ部分と座る部分がセットになったクッション(製品例)があると姿勢が安定して、身体への負担を減らすことができます。
 

介護保険を賢く使おう

車いすや車いす付属品は、介護保険の「福祉用具貸与」の対象となっています。要介護2以上の方は1割負担でレンタルできるので、担当のケアマネージャーに相談しましょう。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。