なるべくおむつに頼らないことが大切

ポータブルトイレなどの利用で、できるだけ自力での排せつを心がけましょう

ポータブルトイレなどの利用で、できるだけ自力での排せつを心がけましょう

大人用おむつは非常に便利である一方、早い段階から頼ってしまうと排泄コントロールの力が衰えてしまいます。また、大人用おむつをすることに恥ずかしさや情けなさを感じて、精神的に気持ちが落ち込んでしまうお年寄りも少なくありません。

仮にトイレまで歩いて行くのが難しいとしても、ポータブルトイレなどを利用し、少しでも普通の感覚で排泄できるよう工夫することをオススメします。
 

身体の状態に合ったトイレを選ぼう

介護用品におけるトイレの主な種類は次の通り。

補高便座……トイレまで歩いていける方の場合
設置するだけで和式トイレを洋式トイレに変更できます。暖房便座などの機能が付いたものも。

ポータブルトイレ……トイレまで行くのは難しいが、座って排泄することはできる方の場合
寝室に置くタイプのトイレ。樹脂、木、スチールなどの材質、洗浄や暖房便座などの機能、家具調などのデザインによってさまざまな種類があります。

尿器……寝たきりの方の場合
溲瓶(しびん)とも言われ、ベッド上でおしっこをすることが可能。男性用と女性用があるので、購入の際は間違えないようにしましょう。

特殊尿器……寝たきりの方の場合
尿器と同様の役割を果たしますが、「自動採尿機」とも言われ付き添いの人がいなくてもベッド上でおしっこを行うことができます。男性用と女性用があるので購入の際は間違えないようにしましょう。

差込便器……寝たきりの方の場合
ベッド上で大便ができます。
 

介護保険を賢く使おう

補高便座やポータブルトイレは、介護保険の「福祉用具販売」の対象となっています。要支援1以上の方は1割負担で購入できるので、地域包括支援センターや担当のケアマネージャーに相談しましょう。

ただし尿器と差込便器については「福祉用具販売」の対象となっておらず、利用したい場合は100%自己負担で購入することになります。



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。