新築中
住まいを維持する費用についておろそかしていると、結果的に早く住まいを手放すことにつながります。
新居を購入する時には、自分の貯金や銀行ローンを計画に入れて、いくらなら借りられるとか、月々の返済額は負担がないか、などを検討するのが一般的です。

しかしながら、実際に家を取得する時に、いずれ必要になるはずのメンテナンスやリフォーム費用のことを頭に入れておられる方は意外と少なく、そんなにかからないだろうと安易に考えていて、実際の出費に直面して大慌てになる場合があります。

今回はこれから住まいを購入しようとしている方、あるいは今後リフォームについて予算をしっかり考えておこうとされている方にぜひ読んでいただきたい、マイホーム維持のためのリフォーム費用についてご紹介いたします。

新築から10年目までのメンテが差を生む!?

マンションなどの集合住宅では「修繕積立金」などという名目で、月額数千円~数万円を徴収されることが多いはずです。これは将来必要となる共用部の修繕(外壁や共用廊下、共用する給排水管)や建物の大規模改修工事に備えて積み立てている訳なのですが、戸建て住宅についてもこの考え方は非常に重要。定期的な修繕に備えておく必要があります。メンテナンスやリフォームを適切な時期に行うことにより、住まいを長持ちさせると同時に、将来のリフォーム費用を抑えることができるようになるのです。

シロアリ食害

上記は実際の浴室リフォームの最中の写真です。既存の浴室を解体したところ、周囲の土台はシロアリの食害で危険な状態でした。

まず新築して5年後に必要になるのが防蟻処理、すなわちシロアリ対策の薬剤噴霧です。最近の薬剤は、人と環境に害の少ないタイプに限定されているため、半永久的な薬効を期待することができません。そこで5年ごとの施工が必要になってきます。標準的な戸建て住宅(1F床面積60~100m²程度)であれば、15万~30万円程度の費用がかかります。

また外壁材のつなぎ目やベランダ部からの雨水浸入を防ぐために施工されている、コーキング部分や防水処理も、この頃に一度総点検をしておくべきです。コーキングのひび割れやはがれなどが見つかった場合は、都度の補修が必要になりますが、一般的に外壁と屋根については、7~10年ごとに定期的な塗装とコーキングのやりかえ、防水工事を計画しましょう。

【新築から10年目までのリフォーム概算予算】 135万~230万円
・点検および補修  5万~20万円
・防蟻処理  15万~30万円×2回(5年後、10年後)
・塗装(屋根、外壁)および防水処理  100万~150万円
※標準的な戸建て住宅(床面積60~100m²)を想定。

【関連記事】
外壁塗装 どうしてこんなに値段が違うの?
外壁メンテ・リフォームにはいくらかかる?

次のページでは、築10~20年の住まいで検討しておきたいリフォーム予算についてご紹介します。