リフォームはいろいろと費用がかかります。ただでさえ、やっとの思いで捻出したリフォーム予算が、想定外の余計な出費でかさんでしまったとしたら、泣くに泣けない結果になってしまいます。

今回は実際にリフォームはしたものの、想定外の出費でがっかりしてしまった事例をご紹介します。皆さんはこのようなトラブルに巻き込まれないように、しっかり注意しておきましょう。

【INDEX】
・大工さんへのお茶出しで2万円の出費(1ページ)
駐車スペースのトラブルで9万円の出費(2ページ)
工期が延びて仮住まい費用がかさみ18万円の出費(3ページ)

大工さんへのお茶出しで2万円の出費

お茶出し
リフォーム中のお茶出しも、毎日となるとなかなか大変ですし、お金もかかります。
Aさん(40代女性)は旦那さんをやっとの思いで説得して、リビングとキッチンをリフォームすることになりました。リフォーム業者との綿密な打ち合わせを経て、工事費用は約375万円、工期は約3週間ということで、いよいよリフォームがスタートしました。

工事初日、リフォーム業者の営業担当者から大工さん、職人さんたちが紹介されました。無口な感じの人たちですが、とにかく真面目そうでAさんは安心しました。

黙々と仕事をする大工さん、職人さんたちの姿に、Aさんはハッとしました。大工さんたちへの「お茶出し」のことです。以前ご近所のリフォームで、「お茶出ししなかったら、手抜き工事をされた」という噂を聞いたことがあったため、Aさんは慌ててお茶菓子を買いに行き、お茶を出してあげました。

大工さんたちは恐縮しながらも、笑顔でお茶を飲み干し、また引き続き工事に取り組んでくれましたが、Aさんはそれからも毎日、午前10時と午後3時のお茶出しをし続けました。

工事が終わり、大工さんや職人さんたちにお礼を言うと、営業担当者からあっけない言葉が返ってきました。「Aさん、そんなに気を使ってくださらなくて良かったのに……。弊社では現場担当者に水筒を持たせてあります。結構お茶菓子代も掛かってしまったんじゃないですか」。

「だったら最初からそう言ってよ!」と思った時には後の祭り。1日あたり約1,000円×20日間=20,000円の想定外出費。Aさんはショックを隠せませんでした。もちろん、Aさんの気持ちは大工さんや職人さんたちに伝わったんでしょうが、彼らもせっかく出してくれるものを「要りません!」と言い出しづらく、結局毎日お茶をご馳走になっていたようです。

【教訓】
・大工さん、職人さんへのお茶出しは基本的には不要!
(あらかじめ営業担当者さんに聞いておきましょう)
・もしお茶出ししないことが心苦しいのであれば、あれこれお菓子や食事を振舞うのではなく、好きな時にお茶が飲めるようにポットにお湯を入れておき、自由に飲んでくださいと一言伝えておけば良いでしょう。
(業者さんも自分の仕事のペースで休憩を取りたいはずです)

次のページでは、配慮を欠いた無責任な業者のせいで、9万円の出費になってしまったケースについてご紹介します。