外壁塗装写真
外壁塗装でおうちのイメージ一新!
外壁は文字通り外から劣化状況がわかってしまうため、頻繁に塗装業者が訪ねてきたり、チラシがたくさん投函されたりすることがあります。また、それら業者の提示する金額がそれぞれまちまちで、しかも金額にかなりの開きがあるので、一体どの金額が適正なのかわからなくなってしまうことはないでしょうか。

この金額の差を生み出している大きな要因の一つが「塗料」の種類です。塗料の種類・性質によって工事費用だけでなく、塗装の耐久性、すなわち外壁を長持ちさせる上で大きな差が出るのです。

この記事では、外壁塗装にかかる費用の違いを解説しましょう。また、粗悪な業者にひっかからないようにするためのポイントも合わせてご紹介します。

まずは「相場」を知ることから。

はじめに、外壁塗装にはいくら位かかるのか、概算相場を見てみましょう。
【外壁塗装費用の概算相場】住まいの大きさ・形状の他、塗装の種類によって、価格帯が大きく異なります。

【外壁塗装費用の概算相場】住まいの大きさ・形状の他、塗装の種類によって、価格帯が大きく異なります。

(条件)仮設足場、養生シート、高圧洗浄、下地調整、外壁塗装、屋根塗装、破風板(※1)・軒天井(※2)塗装含む。
※1 破風板…屋根の垂木を隠すように取り付けられた厚い板のこと。
※2 軒天井(軒天)…軒先の天井のこと。軒裏


ここで表記している平米単価は床面積(1Fの床面積)に対して算出しています。業者によっては、延床面積(各階の床面積を合計した面積。総床面積のこと)で算出している場合もあります。そのため、延床面積で算出した単価の方が床面積ベースで算出した単価より安く見えますので、単純比較するときは確認が必要です。

次のページでは、塗装の種類と違いについてご説明します。